4/21 水郷

 HPで調べると水郷付近の水温は17度を越えてるらしい。そろそろ爆釣の予感が・・・ということで日の出にあわせ朝3時に出発。現地に着くとあいにくの霧雨。予報だと9時ころに止むとあったがこの雨だと止んでも草ッぱらに入ればズボンが濡れそう。しようがないのでカッパで重装備して運動広場前へ下りる。風もなくトップで出そうな雰囲気だ。ビッグバドでテトラ沿いをチェックするがなんでバドってすぐに飽きちゃうんだろ〜。数投で嫌になり水門の中だけやろうとテトラを省略してワープ。その1投目・・・ゴボッと・・・なんと出やがったが運良くお魚さんは食べ損ねた。俄然やる気は上がったもののこれっきり。次に春に実績の高いトネ川に移動。今年の初バスもゲットしているポイントだ。しかし前回ヒットした水門付近は雨の影響で水があふれており木の枝やゴミが浮いていて釣りにならない。そこで俺的には釣りやすいゴロタシャローでバイブラシャフトを結び早い釣りを展開することに決めた。結果は50mほどですぐに出た。今年好調のバイブラシャフトでまたも狙い通りに31cmをゲット。


1匹目 31cm バイブラシャフト 後ろに見えるゴロタの岸際でゲッ

1匹釣れれば気が楽になるというものでボーズの恐れがなくなったことで新たな自己満足を求め八間川へ移動。トネ川から程近い橋の下から始める。水際に入っていく前にかならず「棒」を投げて足元のバスをチェックすることにしている。以前40cmを1投目で釣った経験があり、それ以来クセがついたのだ。期待を込めた1投目、狙い通りにラインが動いた。しかしすっぽ抜け今年初のワームでのバスはお預けになった。その後上流へ釣り進むが同様に計5回のすっぽ抜け。そういえば1月に横利根に行ったときも3回すっぽ抜けていることを思い出した。家に帰って気づいたのだがフックがだいぶ前の釣行から変わっていない。俺のワーム釣りはハンターフックを愛用していて主にワッキーで護岸をテクトロする釣りがメインだ。テクトロだと根がかりしても反対に歩いてしゃくればかなりの確立で返ってくる。ところが何回も返ってきたハンターフックは伸びて形も変わっていた。ついでに針先も鈍いようでこりゃ〜釣れないのも無理はない。根がかり回避率はよかったのだがそんな欠点があったとは・・・しかし八間のアシ際の活性が高いことがわかったのは次回への収穫である。

もう一度橋の下へ戻り今度は好調バイブラシャフトで岸際をチェック。するとガツンときました。

    2匹目 34cm バイブラシャフト 左側に見える橋の下でゲット

今度は34cmとわずかにサイズアップ。機嫌もよくなり更なるサイズアップを目論み利根川へ。時間もあまりないので遠い移動はしたくない、というわけで水郷大橋下へ。
風もないこの日はトップなどなんでも投げられそう。とりあえず片道は好調バイブラシャフトでテトラの際を丁寧にチェックすることにした。そしてまもなくこの戦略が大成功、一番近いテトラの際を通過した時ほとんど足元の護岸の際でヒット!今年初の40UP!う〜ん満足。復路は何をやろうかと思っていたとき突然、春の名物強風が・・・たちまち利根川はすごい波が立ってきた。






3匹目 42cm バイブラシャフト
  おれは口閉じでは測りません 猪木状態にして測るのでデカく見せるのにテクがいります

いい時間帯だったのに・・・結局強風はやむことがなくあきらめ納竿となった。

今日の結果  トール3匹
(バイブラシャフト3匹)


2003年の釣り日記へ  TOPへ

inserted by FC2 system