4/29 水郷


 おとといの絶好調ですっかり調子に乗った俺は中1日でまたしても水郷に行くこととなった。今シーズン初釣行となるカツとともに3:30前に出発。まずは朝イチ定番の運動広場前〜常総大橋〜牛ポイントを周るがカツにアタリが1度あっただけ。ここんとこ朝の利根川は反応が悪い。水温も少し低いようなのであっさり見切って本命のトネ川、八間川に向かった。


左:常総大橋下 天然オダの周りはよく釣れるのだがこの日は不発

トネ川の橋の脇に車を止めて俺は上流方面のゴロタ、かつは下流方面のテトラエリアに狙いを定める。水際に下り立ってみるといつもより水がクリア−で良さ気。余裕ぶっこいて好調バイブラシャフトではなく昨日ポパイで買ったばかりの期待のシケイダーを結び早い手返しでゴロタシャローを流す。が、アタリがない〜。なにかが間違ってるのか?合流したカツもアタリがないとのこと。こうなれば・・・八間川に行くしかないのであった。あ〜情けない。




 
                 

            右:八間川 今日もいい雰囲気に思えたが

到着するとおとといほどバサーの姿はない。これはチャンス。とりあえずは安心の1匹を釣るため俺は棒とバイブラシャフトのツープラトン攻撃で万全を期し田んぼ側を攻める。が、ここでもアタリは1回のみ、しかも焦ってバラシてしまった。や、やばい。次第に暗雲が立ち込めてきた。一方カツは今シーズンのために暖めていたラバージグ作戦を展開していた。しかも初めてやったラバージグで今シーズン初バスをでゲット。その他にも3〜4回アタリがあったらしい。なるほど道路側はアシが深くラバージグをぶっこむのに都合がいい。カツの戦略は冬の間ファイナルファンタジーにどっぷり漬かっていたとは思えないほどだった。それを見せられたらラバージグを真似せずにはいられまい。「釣れてる人を真似ろ」という戦略に従いアシ撃ちを敢行する。しかし付け焼刃では刃が立たずぜんぜん反応がない。完全に迷宮入りしてしまった。

そろそろ春の名物である強風が吹き始め、ポイントが限定される恐れ大。これは早めに勝負にでなくてはいけない。昼食をとり風裏になる北利根アシ際ポイントへと向かった。もともとあまり実績のない北利根、シケイダーやバイブラシャフトを投げるがやはりここも無駄足に終わった。さあいよいよ土俵際、最後の砦は横利根川しかあるまい。というわけで山ちゃん杭ポイントで棒によるセコ釣りにせっせと励む。すでに強風は吹き荒れ糸が風で流され釣りづらいったらありゃしない。シンカーを追加し対応するが糸が流されさらに流され・・・あれ?出っ放しになってる。ということは・・・30cmでしたがなんとかボーズは免れたのだった。なんと渋い一日。


1匹目 30cm 棒

ついでにこの日は帰り道にツイてない事件があった。道路上に落ちていた大きな石か何かが走行中の車の下に入り燃料タンクが破損!ゲッゲ〜!チョロチョロとガソリンが漏れていた。しかもエンジンは止まり動かなくなってしまったのだ。その後消防やら警察やら対応に追われ肉体的、精神的にもまいった。何とかレッカーで車を運び帰れたもののJAFに加入してなかったおかげでビックリ、目ん玉の飛び出る額を請求された。JAFは入っとくもんですね〜痛感・・・修理に出した車がなおるまでしばらくはおとなしくしていなければならないようだ。思い起こすと横利根で神社の前に車を横付けして釣りをしたのでバチがあたったのでは。お賽銭入れたのに〜ショック・・・ 




今日の結果 トール1匹 カツ1匹計2匹 
 (ラバージグ1匹 棒1匹)


2003年の釣り日記へ  TOPへ


inserted by FC2 system