4/26 水郷 

<バスの写真にカーソルを合わせると釣った時刻が表示されます>

すでに掲示板にもカキコしてあるのでネタはバレてますね。そうです。トップ天国だったんですよ。
天気予報をチェックした時に少なからず期待感はありました。キーワードは雨、今までの経験からも利根川は一雨でガラっと変わることがある。
などと偉そうな事は今になって言えることで前回釣行時の反応の薄さ、利根川での情報があまり入ってこない為に半信半疑であった。


朝イチは様子をみるために毎度おなじみの長豊橋へ立ち寄る。小雨が降っているが気になるほどでもない。
そういえば去年の今ごろは黒バズで釣れていた時期である。ゴロタシャローにあがって来てさえいれば…ゴボッ! 早っ!
あっという間に釣れてしまった。おおー!今年も黒バズが炸裂してくれたぜ。

次に訪れたのは新利根川支流のH川。「ブラック商会」のツヨさんも新利根川で連発だったし気になっていた。
結んであった黒バズ〜マスターバズと強気のチェンジをしたが全く反応がない。ここでの実績はほとんどないのでトップに固執することもなくスピナベで手堅く攻めることにした。
岸際を通すと、ゴゴゴ〜〜ン!と早速のアタリで40UPがヒット。調子いいぞ〜。

こんな平日に他にバサーなど居るはずもない。完全貸切のフィールドでさらなる追加を企てるが突然雨が本降りになってしまい避難を余儀なくされてしまった。避難ついでに少し車を走らせつつ新利根川の様子を見るがこちらは泥色に濁っており水質がイマイチ。これでは先ほどのH川のほうが印象が良かった。ここは見送るのが賢明だろう。

今日の目標だった新利根巡りは志し半ばで頓挫してしまった(早すぎ)。となると車は利根川方面へと逆戻り。朝の1匹からも今日はトップ天国が期待できる利根川。実は公園前に行きたくてウズウズしていたのだ。

到着するころには雨はあがって無風状態。まるでマヅメ時のように辺りは暗く、暗雲が立ち込め水中にはシェードが全くない。過去にも何度か遭遇しているがこういう天気こそ釣れそうな予感がする。

4:39 5:43
1匹目 33cm ノイズメーカー 2匹目 43cm Vehicle

風が止んでいるせいで波がなく水面はシ〜ンと静まり返っている。このような状態ではポッパーでも勿論イケるだろうが秋に活躍してくれたG-ドッグXのほうが勝負が断然早い。他にはバサーの姿がないのでフィーディングモードに入っているバス狙いで岸際を平行に引いていく。

始めて10mも進まない所ですぐに出たがミスバイト。居た♪前回とは明らかに反応が違うぞ。
さらに数メートル先でルアーが水中に吸い込まれ今度はガッチリとフッキング。おお〜!これはデカいぞ!利根川らしくファイトあふれる40UPの暴れバスだった。さすがはマイブームのG-ドッグX。今日もやってくれた。

去年の秋にも大活躍をしてくれたG-ドッグXは得意のバズベイトをも押しのけ今や十八番となりつつあるルアーだ。
どんな状況でもオールマイティーに通用するとは思わないがロッドアクションにより「釣った」という満足感に浸れるのが一番の魅力じゃないかな。

一匹釣ったからルアーチェンジ。さて何を投げようか?

9:12
雨天こそ狙い目。トップ天国の可能性が高いんですよ   3匹目 42cm G-ドッグX

 続く


 2005年の釣行記へ  TOPへ


inserted by FC2 system