5/6〜7 水郷 

「トップ天国へ行こう水郷1泊2日の旅」…なんともアホなツアーを企画してみた。我ながら名案だぜ。
敢えてGWの中でも天気が悪い2日間にピタリと照準を合わせたのだから爆釣の期待は高まるのです。

最小催行人数の1名で出発した水郷の旅(さみし〜)。添乗員兼ツアー客のトールがご案内します。

まずは夜明け前の利根川で1匹出してもらおうか。朝イチ定番の長豊橋に到着。
おやっ、連休だというのに鯉師が居ない。
これはチャンスとばかりに黒バズで水面を荒らして回った。水が悪いし水面爆発どころか魚のライズさえあまりない。
晴れの日ばかり続いたのがいけなかったのだろうか。な、な〜に、今日の午後から降る雨で状況が変わるのさ(汗)。

利根川トップ天国は雨がキーワード。午後〜明日の午前中にかけてが爆釣タイムと予想していた。

前回釣れたH川を経由して牛ポイントP-3に。さすがにココはいつも貸切だ。風が吹きはじめてスピナベで釣れると判断、すると程なくテトラの陰でルアーがひったくられた。

見るとお腹はペッタンコでアフターバスのよう。その後はアタリなく公園前に移動。

思ったよりバサーの姿はない。GW中だが暦の上では平日、仕事してる人も多いのか〜。
トップ天国を実現するためにもそろそろ本腰を入れねばなるまい。

GドッグXを投げればこの辺でゴボッっと出るはずなんだよなあ。
ゴボッ!!
これはデカいぞ!40UPか!?が、しかしバスの重みがない(泣) くそ〜。フックにかすりもしなかったよ。
前回良かった秘密のアクションで2バイトを誘うことに成功。通常のドッグウォークでは1度も出なかったし効果はあったのかもしれない。
確信を得るまでもう少し試してみることにしよう。

6:03
1匹目 33cm Vehicle 新兵器ですわ 公園バスは何処へ?

気がつくといつの間にやら北風が強まっていた。寒い!公園前では土手に遮られて気にならなかったが他のポイントではとても満足にキャストできる状態ではない。


休憩後は台風並みの強風に変貌して更に状況が悪化。公園前がダメならばこれまた風避けになる水路Bくらいしか行くところがなくなった。まずいパターンだぞ。
水路B付近ではボラの群れがシャローを占拠しており全く釣れる気配がしない。不気味な巨大レンギョの死骸も多数打ち上げられていて悪臭にやる気が萎える。でも行くところもないし…無駄とわかっていてもしょうがなしにキャストするしかない情けない戦略となった。

結局、この日の夕方は公園前に戻ることとなった。依然冷たい雨が降りしきる雨の中、黒バズを投げ続ける。
たった1度だけ見せ場はあったんですよ。
ポシュ!と出たのだ。あわせるとウルトラ子バッチ〜君が飛んできて次の瞬間、斜め護岸を転げ落ちていった。くやし〜。

初日の結果はなんとたったの1匹。これではネタもないし貧果すぎて帰るに帰られない。明日にリベンジじゃ。


目が覚めると空が白んできた。雨は夜通し降り続いていたようだが時折小降りになったりで出撃はできそう。
いよいよ本領発揮か?手始めのバズベイトにポシュッと出た。が何じゃ?この出方…小さいバスだなあ。

まさか季節が変わってるんじゃないだろうな。というわけで方針変更。

まずはレギュラーサイズがヒット。こいつはお腹がペッタンコのアフター。昨日の朝と同じようなバスだ。さらにプルルンと子バッチ〜が連続ヒット!ほうほう。完全にパターンは掴んだぜ。

6:30 6:43 7:10
2匹目 36cm 殿堂入りSスポット 3匹目 21cm 殿堂入りSスポット 4匹目 23cm 殿堂入りSスポット

3匹しか釣れてないがアタリはもっと沢山あったんだよ。子バッチ〜が入れ食い状態でした。モンスタークイーンで1/4ozのバイブレーションを投げ20UPの子バッチ〜をフッキングさせるのはとても難しい。30UPならバスの重さで自動的にフッキングしてくれるんだけどね。

今日は土曜という事もあり公園前のバサーは多い。しかし見える範囲ではバイブレーション投げてるのは居なかったな〜。少々優越感に浸りながら数を伸ばしにかかるがすぐにアタリは遠のいてしまった。

 続く


 2005年の釣行記へ  TOPへ


inserted by FC2 system