5/22〜23 水郷 

<バスの写真にカーソルを合わせると釣った時刻が表示されます>

見慣れない景色が続く明るい利根川道。なんか寝坊して貴重なマヅメ時を逃してしまったような気分だが今日は違う。
水郷はこれからマヅメ時を迎えるのだ。そうなんです。連休を利用して夕方出発の泊まり釣行をまた敢行してしまった。

本来ならば巡るはずの長豊橋、常総大橋、牛ポイント、得意の大利根公園前までも一気に通過してしまうという大胆な戦略。
実はもっと希望が持てるポイントがあるんですよ。そこは…なんと横利根川。
手堅く棒ワッキーをテクりに行くわけではない。もちろんトップを投げに行くんですよ。

横利根川某ポイントには日が暮れる前になんとか滑り込みセーフ。すでに時刻は18時をまわっている。
雨対策のカッパ武装に少々手間取りながらも身支度を終え出陣。


本日の第1投。やっぱり投げるルアーは黒バズです。そして僅か2投目、ゴボッと派手な出方。
メッチャ早いぞ。読みどおりの戦略に陶酔してしまい、悦に浸っていたが安心するにはまだ早かった。
あとちょっとでランディングというところまでこぎ付けておいて痛恨のバラシ。くそ〜、アワセがしっかり入ってなかったよ。40前後のナイスサイズだったのにぃ。

”捨てる神あれば拾う神あり”とはよく言ったものだ。程なくレギュラーサイズを取り返してくれた。相変わらずやるねえ〜黒バズ君は。


1匹釣ってお腹が減ってきた。今日は昼に起きた後はテレビを見ながらただボ〜っと過ごしていただけで何も口にしてなかったのだ。
コンビニで空腹を満たした後はお待ちかね、夜実績があるバイブレーションポイントにレッツらGO!

端から端までバズで丹念に攻めたが出ない。ネタはそれだけである。ココはまだ時期が早いのかな?続く横利根水門前でも反応なし。
魚の写真が無いと何のネタも得られないのが夜釣り特有の悩みだ。風景写真などでごまかせないんですよ。

18:21 22:01
雨がポツリ。これはナイス♪ 1匹目 38cm ノイズメーカー 2匹目 39cm ノイズメーカー

結局、また横利根に戻ってきてしまった。時刻は完全に真夜中である。
さすがに夜の横利根に単独で挑むのは薄気味が悪いよ。後ろが気になりだすと怖くなるので迂闊に振り向けないのね。

さっきバラシた所はあの辺だったなあ〜とキャスト…ゴボッ!!!いやあ、投げてみるものです。


粘りの末の1匹に満足し今日は”おしま〜いける”。


まだ空が白む前に、トールは目を覚ました。津宮・建設省ワンドと移動し三度横利根に入っても反応が無い。どうも様子が違うな。

そこで朝は公園前と判断。珍しく暗いうちに入ることにしたのだが期待の黒バズでは出ずじまい。
波がおさまったのを見計らってすっかりおなじみのG-ドッグXをチョイス。これで外すわけにはいかないのだ。
岸寄りを通常アクションで撃っていくと早々に反応が。これは派手な引ったくりバイトではなかったが運良くフッキングしてくれた。

4:29 ヒットルアーはVehicle ヒットルアーは50ベイドン
3匹目 33cm G-ドッグX 水路では50UPゲット(汗)  利根川では60UPゲット(大汗)

 続く


 2005年の釣行記へ  TOPへ


inserted by FC2 system