6/14 水郷 

<バスの写真にカーソルを合わせると釣った時刻が表示されます>

早くもトールは焦っていた。全く釣りに集中できないのだ。
あ〜、いい時間だっちゅうに…夜が明けるのが待ち遠しい〜。

なぜ待ち遠しいかって?暗いうちにすでに長豊橋、牛ポイントP-3と巡って夜明け前の大利根東公園を攻めていたトール。
ノイジー系の威力を試すべくHi-Hinで乱杭を果敢にトレースしていたのさ。

ところがその時、事件は起こった。
手元には切れたラインの先端が虚しく風に揺られていたのだ。肝心のルアーは暗くてどこにあるのやらさっぱり…
ここは明るくなるのを待って救助活動に取り掛かることにしたのだ。

とにかく気になって仕方がない。どうやって取ろうか。最悪はエントリーしなければいかん。
進みながら竹竿みたいな長い棒を探しつつ気の抜けたキャストを続けていた。
こんな落ち着かない時にポッパーやシエスタなんかでネチネチやる気にもなれず早いバズでチェック。

心なしかいつもより早巻きだったろう。
こんな適当早巻きで来る魚なんぞ居るわけもな……ボシュッ!(ハイ、いつものパターンですね^^)
あら…居たのね。あんたやる気あるねえ〜。


ようやく空が白んできた。枝に引っかかったHi-Finを救助しに戻ろうとルアーをチェンジしキャスト。
チャッチャッチャッチャッ…ゴボッ!
なるほどバズで釣れるような日はこういうアクションがイイってことね。いつものGドッグXでもお約束ゲット。
手堅いです!このルアーは。

3:57 4:21
平日は誰も居ない 1匹目 34cm クラッカージャック 2匹目 35cm GドッグX

さっきの乱杭はと…あったあった。
手前から3本目の杭から張り出すように出ている枝にルアーは付いていた。
せっかく途中で見つけた長そうな竹竿も引っこ抜く際にバキバキと折れてしまって使い物にならないし頼れるものはこのロッドのみ。

う〜ん、どう考えても届かないな。もし入るとしたらどれくらい行けばいいのだろう?
やだね〜ズボン脱ぐのかい!もしやパンツも!?ま、最悪それもアリってことで早朝で人が居ないってのが救いやな。

とりあえず距離感を測るためロッドをルアーに向けて目一杯伸ばして護岸をギリギリまで降りてみた。と、その時。
ズブズブズブ…ひえええ〜〜。水面すれすれの右足が濡れた護岸に掛かってしまい股裂き状態。
久しぶりに落ちてしまったぜ。

クソ〜〜。これでふんぎりがついたトールは1本目の杭までエントリー。(もちろんズボンは脱ぎましたよ)
懸命に手を伸ばしなんとか救助成功。いい時間にこんな事しとる場合か!?

ようやく落ち着きを取り戻したので新入りルアー、POPMAXの登場。
見れば見るほどキレイなルアーですなあ。ポッパーでありながら連続で動かすとペンシルっぽい。
残念ながら今日は釣れませんでしたが今後の活躍が期待される。

さっきのGドッグXへのひったくるような出方から巻物への反応がいいと睨んだ。
そういう時はスポットの独壇場。
キャスト早々、結果は出た。沈みテトラの陰から襲い掛かってきたのだ。これぞ狙い通り。

6:04
懸命の救助活動は実った いよいよ出動  3匹目 25cm スーパースポット

さらにもう一匹掛けたが不可解なアワセ切れ。バス君ごめんなさい。
いつもはルアーに直結派だが横着な心が湧いてしまい前回からスナップ付けにしてしまっていたのだ。
ラインチェックを怠ってしまっていたに違いないな。すぐに辞めましたけど。やっぱり慣れたやつがイイっすね。

さらにスピナベでもプルルンというコバッチ〜特有のアタリ。次の瞬間は軽くなっていました。残念!

 続く


 2005年の釣行記へ  TOPへ


inserted by FC2 system