9/19〜20  水郷 

<バスの写真にカーソルを合わせると釣った時刻が表示されます>

おひさしブり〜フ…
とナウいギャグ?をかましつつ帰還いたしました。(休み明けなのでキレがないのは大目に見てね)
夏の苦手な私としてはやり過ごすしかなかったのです。

何度か釣行計画したんですよ。でも多忙な日々が続きせっかくの休みには体が動かない始末。
9月だし、いい加減ダレるのはいかん。
3連休の3日目となった19日、この日も有無を言わさず仕事(土浦方面)なわけでそれを終えればようやくの連休(泣)

家に帰ろうにも連休最終日とあらば常磐道は渋滞でキツい。てなわけで渋滞なしの水郷行きを決意。
途中、土地鑑のない土浦の水路なんぞを巡るも無反応を味わうことに。
やっぱ不慣れなとこはダメでした。で、水郷へと大移動。

すでに日が暮れた「公園前」〜「牛堀」と反応がなくじっくり攻められる本命の「夜ポイント」へ。(護岸の形と過去の釣行記を読んでる方なら何処かわかりますよね?)

土手を上がると無風状態で絶好のコンディション。このポイントでは無風が夜釣りトップの明暗を分けると思う。
まずは手堅く?黒バズで様子見。ヒットが多い岸際に固執せず沖目からも丹念に1m刻みに斜めラインをとる。歩き始めて10mほどだろうか何の音もなくロッドがグ〜〜っと重くなった。

このポイントでは珍しく沖目でのヒット。音も飛沫もない地味なぶら下がりバイトでした。まあ、1匹釣れたんでよし!

更に数投して連続ヒットがないのでさっさとルアーチェンジ。今、一番投げたいルアー…Hi-Finをセット。


カシャカシャカシャ…う〜ん投げてるだけで十分楽しい。延々と進む。100mは進んだかな?いまだ反応なし。
今度は同じ距離を引き返す。と、ついに時は来た。静かな水面が突然の大爆裂。
ドッシャ〜〜ン!うひょー!
グイグイグイ…もらったあ!フッ…あ…  やっちまった〜。もしナマズでなけりゃグッドサイズだったんじゃないかな?

これが夜の部最大のクライマックスでした。黒バズで釣れた時よりもこういうバラシのほうが全然エキサイトするんですよね〜。


仮眠をとり早朝4時過ぎ再び出動。4時だとまだ暗いのか。月明かりでうっすら見える水面に結びっぱなしのHi-Finを投入。ココまでくればなんとしても釣りたい。意地ですな。
とりあえず朝はHi-Fin以外では要らないよって感じで…(笑) 

歩き始めて10mほどの地点。
昨日のバズ炸裂と同じエリアで事は起こった。カシャカシャ…ドバシャ〜〜ン。
しかしロッドに重みは伝わらない。くそ〜〜空振りしやがった。幸いアワセてないのでその場でシャカシャカ小刻みにシェイク&シェイク。
ドッカ〜〜ン!今度は完璧にフッキング。元気良く2度食いしてくれました。ありがと〜(泣)。

20:33 4:26
1匹目 30cm 黒バズ 2匹目 37cm Hi-Fin
え?37cmとお思いでしょうが、こんな頭でっかち。左の写真では45cmくらいに見えるんですが

さらに派手なバイトが1度あったが残念ながらフッキングには至らず。反応は上々のようでした。

夜が明けた後はバズベイトに草が引っかかったようなショボ〜いバイトが1回のみ。バイブレーションなどの巻物も不発。
こうなりゃ利根川でも1匹取りたい。

水路B付近へ出てみた。空は暗雲が立ち込めトップ日和。勝負を決すべくGドッグXの出番。
チャッチャッチャッ…これも楽しいですなあ。
と、またしてもルアーが静かに水中に消し去っていった。歩き始めて10mほどだったろうか(今日のパターンです(笑))

6:35
3匹目 29cm GドッグX

復帰戦でトップ3匹なら良しとしましょう。

曇って釣れそうだったのに1日やる元気がなかったです。眠気と疲れから朝やって撤収しちゃいました。
去年も秋はよかったし徐々に調子を上げていきますよ。

今日の釣果  トール-3匹

ノイズメーカー-1匹 Hi-Fin-1匹 GドッグX-1匹

   2005年の釣行記へ  TOPへ


inserted by FC2 system