11/8  水郷 

<バスの写真にカーソルを合わせると釣った時刻が表示されます>

ジョボジョボジョボ…シ〜ン。
実績十分のバズやペンシルなどを投げても全く反応がない。それもそのはず、利根川大利根東公園は汚い泡風呂と化していた。
このところの冷え込みで水温も低下しているしターンオーバーってやつか?利根川でも起こるんですかね?

夜のうちに南風が吹き寄せて茨城側に水面の汚い膜が溜まってしまったという事が真相だろうけど…
その上に朝っぱらからモーターボートなんぞ往来された日にゃ〜岸際シャローが泥底から攪拌されて水が完全に死んでしまってる。
さすがに今日ばかりは入浴は勘弁ですよ。攻めたい気持ちをグッと堪え、ストラクチャーからは離れたぬるい攻めで事なきを得よう。
ま〜コレも釣れない一因でもあるな。

早い攻めを諦め、スローに攻めるべく前回活躍したPOP-MAXを投入してもやはり無駄であった。公園前は見切りをつけねばならん。今年も終盤だがここまで公園前依存症とも言えるほど釣果の大半を占めている。てゆーことは公園前がダメだと必然的にピンチになるわけで…



はて困った。去年の今頃だったろうか、与田浦の杭がよかった記憶がある。行ってみんべか。いやあ、バレバレの展開ですね。
お〜〜!実績エリアは貸しきり状態。(って平日だから当たり前か)
今年中にミッコン(ミッションコンプリートのことですぅ)したいルアー、「ギルですわ-S字チューンver-」で遥か彼方の橋までクネックネッとS字を描いていく。トモさんよ、見てろよ〜。

この滑らかで艶かしい動き…まるで生きてるかのようなルアーなのだが。なぜ釣れん!!!
チェイスの一回くらいあってもよかろうに。もぉ〜〜プンプン!!!(珠緒ちゃん風)
ミッコンは来年に持ち越しかな〜


帰り道は確実と思われたスピナベ本気モードで丹念に攻めたがこれまた不発。水中まで貸しきり状態ッス。
どうやら巻物ダメDAYのようで砂。活性が低い。渋い。

ヤッホー!今日の利根温泉は泡風呂だー。
利根川ペンシル1本勝負に敗れ
与田浦ギル1本勝負に敗れ

もう何でもいい、釣れれば。クリーチャーでテキサスをリグり、延々と並ぶ杭を次々撃っていく。
どうだぃ、これで釣れない訳はないだろうよ。
1匹釣るにはこれ以上ない最高攻め…のつもりだった。魚がいないのか?下手っぴなのか?(間違いなく後者)
とにかく釣れない。アタリもないので手がかりも掴めないこの状況。シーズンも終わりに近づいている事を感じずにはいられなかった。


しょうがなしに暇つぶしにニャン子先生と戯れ、いつもは通らない小見川大橋を渡って対岸へとやってきた。
実は茨城側は日が昇ってからは南風がキツくて釣りにならないほどであった。そこで避難場所として選んだのは津宮。
勝負はやはり利根川。これでダメならもう終わりだ。

”どうせ釣れないなら投げたいルアーを”と取り出したのはクランク。
昨年同様に秋深まるこの季節まで今だ1匹も釣り上げてないルアーだ。理由は簡単、ほとんど投げないからですよ。


秋はクランクなどという事を耳にする。たまには格言を信じてみるのもいいだろう。
ヘビータックルには不向きな小さいクランクを追い風に乗せてキャスト。
沈みテトラにゴツゴツぶつけていくと忘れかけていたあの感触が♪
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!


レギュラーサイズだが十分だ。苦手なクランクで釣れた貴重な1匹ですからね。
それにしても巻きモノで釣れるとはよくわからん日だねえ。日中の陽気で水温が温まり活性が上がって来たの鴨。
おそらくは偶然の1匹だろうがバスの匂いを忘れかけていたトールは俄然やる気が漲ってきた。

14:22
鴨撃ち小屋も完成。いよいよ冬です クロネコちゃんと戯れ 2匹目 32cm ピナクルクランク


それにしても久しぶりの感触だったぞぃ。え〜と、9時間ぶりくらいかな。商会ルールではすでにリセットボーズになっているほどだ。
クランクでボーズ逃れ?NO、NO あれは2匹目ですよ。

9時間前に何が起こったのか。へへへ。とんでもないことが起こっていたのですよ。

心の準備はいいですか?よ〜く見てくださいね。自慢しますよ。

続く


   2005年の釣行記へ  TOPへ


inserted by FC2 system