11/15  水郷 

<バスの写真にカーソルを合わせると釣った時刻が表示されます>

今年も残り僅か、あと何回釣行できるのだろうか?いよいよカウントダウンですね。
思うように釣れなくなったらシーズン終了にしよう。なので今回は1匹釣れれば良しとしますかな。

前回の50UPゲットで爆裂ルアーHi-Fin様は神に化身。勿体無いがその恐るべき集魚魔力は封印致しました。もう使いません…たぶん(笑)
今回はそれに代わる後継者候補をいくつかピックアップしてきました。いわば後継者決定戦です。
決戦会場としてやってきたのはおなじみ、真っ暗闇の利根川大利根東公園前。日を追うごとに徐々に渋くなっているだろうが体力のあるデカバスなら食ってきてもおかしくね〜だろ〜といつもの強気攻めを開始するのであった。

今日の天気は下り坂。今にも雨が降りそうなのでカッパで武装。厚着して全部で6枚着込んでもやはりこの時期の朝方は冷えるよなあ。
ブルブルブル…手がかじかむ寒さの中、キャスト開始。
次期主力候補のデカルアーを次々と繰り出していくが全く反応がない。夜釣りの神、Hi-Fin様に迫るような活躍を見せてもらいたいところだがどのルアーも集魚オーラが感じられないッス。ルアーが悪いのか?単に冷え込みのせいか?


ん?耳を澄ますと後ろの草から何か音がする。
それがやがて水面からも聞こえるようになってきた。パラパラパラ……ザーーー
うへっ!寒いよ〜
曇りだったはずの天気予報がハズレて雨が本降りになってしまった。後継者選びは続行不可能。
急いで車に戻ると濡れたカッパを助手席に掛けてシートを倒した。


外を見るといつのまに雨が止んでいる。そしていつの間に明るくなっていた。
よ〜し行くぜ。再びロッドを携えてレッツらGO。

経験上この雰囲気はGドッグXの出番かな?と思いきやピンと来るものがあった。
低活性ではより可能性のあるルアーをチョイスすべき。ここは手堅くゼンマイ野郎の出番です。

程なく杭際でポシュッ!とルアーが水中に消し込んだ。きわどくリア1本にフッキングしてくれました。
結果オーライ(笑)。釣れれば何でもいい。渋い状況ではセコ釣りに限りますな〜。
2匹目を狙い、同じような場所を延々撃っていくが後が続かないのでGドッグXにチェンジ。

「撃つ」と言えば今日から「鴨猟」が解禁です。時折、パーンと乾いた音があちこちから聞こえてきます。
解禁初日だけあってこの日を待ちわびたハンターで賑わっていました。
船に乗った2人組が逃げ惑う鴨を撃ちまくっていたかと思うと下流の小屋の方からも乾いた音が。対岸にも小屋がありましたね。
撃たれると危ないので目立つ服装をして小屋には近づかないほうがいいかと思います。

で、GドッグXでは1回だけひったくるような派手なバイトがありましたヨ。
あの音からしてサイズはまあまあだったと思います。フッキングしてないんで何とも言えませんがね。


公園前に時間かけた割には反応が激薄。気がつくとすでに時計は午後になっていた。昼食をとってポイント移動だ。

9:40
利根川はお寒くなってました 1匹目 31cm パワーパックシャッド
魚影の濃い横利根に期待

与田浦?今年は釣れてないし…前回のように時間の浪費に終わりそう。
ここは本気モードで。釣りたい時には一番確実と思われる横利根川でも行ってみるか。

車から持ち出したのはスピニングタックルに棒を数本。
ブレイクを中心に攻めると3投目で来ました。
40UPには届かなかったがライトタックルでのやり取りはスリリングでいいモンですな。
ヘビータックルではこのサイズは何の抵抗も無く抜き上げられてしまいますよ。


この時期になると日没の時間も早い。4時をまわるともう夕方。
このまま横利根に居残るかと思いきや、やっぱり利根川に向かってました。
「最後にトップで」という一縷の望みを賭けて勝負しましたが見せ場なく撃沈。

どうやら利根川は厳しい季節が到来しましたネ。こんなことなら横利根でやるんだったと後悔したのは言うまでもありません。

15:21
2匹目 39cm 棒 鴨撃ちもいいけどゴミは拾ってもらわん利根 シーズンの終わりも近い

ボーズにならなかったのが不思議なくらいです。しかしハードルアーでは反応が悪かったなあ。
このまま終わってしまうのでしょうかね?釣り納めも近そうです。


今日の釣果  トール-2匹

パワーパックシャッド-1匹 棒ワッキー-1匹

   2005年の釣行記へ  TOPへ


inserted by FC2 system