5/20 水郷

 先週、車の修理も終わりいよいよ今日から本格的に復活。平日ではあるがカツと2人での釣行となった。待ち合わせは6時とちょっと遅いくらい(いつもは日の出に現地に着くよう3時頃)ところが6時すぎても来やしない。さてはあやしいと思い電話するも出ない。いつも待ち合わせにカツはバイクで現れるので出ないという事はカツはバイクに乗ってるに違いない。もう少し待つとするか。するとまもなく携帯が鳴り「今起きました」と。「こら!!」。おかげで出発時間が50分ほど遅れ現地には9時前到着となった。

左:遅刻して反省している(?)カツ。やっちまった〜

 今日のおれの目標は5匹釣ること、カツは7匹だという。ここんとこの梅雨を思わせる雨続きで本命は与田浦と決めていたが途中寄り道してまずは長豊橋下で様子を見る。ひざまであった土手の草はきれいに刈られていて護岸まで歩きやすくなっていた。また平日ということもあり橋の下にはいつも占領している鯉釣りもいない。遠めでも雨の影響で泥にごりになってるようにはみえないし状態はよさ気だ。やる気満々で水辺へGO。
                           下:長豊橋の様子 
 




利根川は風もなく水面は静かな状態で絶好のトップ日和(*^-^)
 今朝は家を出るときからトップをやるつもりでPOP-Rを結んでいた。車のタッチアップで黒塗りしたやつを(馬鹿のひとつ覚えでこれくらいの改造??しかできない)岸沿いに引いてみる。があまりにスローすぎてイライラしてしまいほんの10投ほどでジャイアントドッグXにチェンジ。 ドッグXはおれの持ってる唯一のメガバス製品で最も大事に使ってるルアーのひとつである。敢えて大事にしているルアーを使って集中力を増す効果を期待したのだ。波紋が消えるくらいまでポーズしてはチョンチョンと2回ほど丁寧にアクションさせてみる。しかし実績がないこのポイントでは集中力もそう長続きしない。アタリでもなければ粘るとこでもないので岸と斜めに遠投でいっきにチェックする作戦に出た。ドッグXの名前のとおりスピーディーにドッグウォークさせてみる。数投目、岸際でいきなりルアーが横っ走りした!!その瞬間、魚体がぎらっと光る。重みを感じる前にあわせるとバレるので少し様子を見るとなんとすでに杭に巻かれてました。チキショー!今年初トップはまたしても失敗におわったがトップウォーターゲームはやはりエキサイティングでおもしろい。これでおれの活性もあがった。

 次に常総大橋へ移動。偏光グラスをかけて土手の上から川の状態を覗くと40UPの見えバスが岸際を悠々と泳いでいる。周囲には子魚の群れもいくつか確認できた。よさげな雰囲気に期待して岸に降りドッグXとシャローAで往復するが全然反応なし。前回ここを訪れたときもそうであったが水面に浮いていた油がどうも気になった。あっさり切り上げ今度はカツ門へ。しかしまったく釣れる気がしない。ポイントマップの写真を撮るためだけに行ったようなものだった。

 与田浦へのついでに最後もう1つ横利根川ヘラワンドへ寄ってみる。ここは2人とも過去に大物をばらした経験がありいい印象を持っている。よく釣れる舟際にセコワームを投げいつものようにリズムを刻んだ。そう、横利根といえば棒ワッキーしかあるまい。これまでのお遊びはおしまいだ。本気モードの「浦−和レッズ」ですぐにグイーッと持っていくような元気のいいアタリ。すかさず合わせてまあまあのサイズをゲット。


 1匹目 35cm 棒ワッキー 狙い通りに釣れた

 雨が降って活性が高いのか前回よりも元気がよかったぞ。これは与田浦にも期待してよさそうだ。ピンポイントだけ投げて早々に与田浦へと車を走らせた。

 パーっと見渡してもバサーの姿が少ない。やはり平日釣行はいいものだ。おまけに依然として風もなく水面もいい感じ。まずは出島屋の近くにあるオダで車を止めピンポイント狙い。
ラバジ教のカツに枝の中を狙わせておれはバイブラシャフトで周りを探る。軍配はよりタイトに攻めたカツにあがった。さすがラバジはこういうところで力を発揮する。

                        枝の中にラバジをぶっこむカツ (写真をクリック)
                 
 
 本命の臭いポイントへ移動。ここは雨の効果を期待してハードルアーで…延々続く杭の内外をスピナーベイトでタイトに通す作戦に出た。まずは期待のルアー「タイフーン」を結んでみる。しかしこいつは1oz、重くて手首のすじにピキピキとこたえる。あまりにこたえすぎてこのルアーはウルトラマンのように3分しか持たないのだ。アピールは満点のはずだがいかんせんロッドを持つ手との戦い。今日も敢え無く3分でカラータイマーが鳴りバッグの中に飛び去っていった。今度は本気モードのバイブラシャフト3/8ozに結びかえスピーディーにチェック。やはり本気ルアーはちがう。2匹目はピックアップ寸前の足元で食ってきたぞ。おれは2〜3本おきに狙う杭を移動しながらの釣り方なのでこの杭は数投通しているはず。どうやらルアーが横の動きから縦の動きに変化した瞬間にリアクションしたのかもしれないと推測してその後意図的に縦に動かしたりストップさせたりジャーキングしてみたりなどするも出ない。ン?い、いや、出たぞ〜っ!!出たのはバスではなくヘビでした。わ〜っマジキモい!( ̄ー ̄; ヒヤリ

 2匹目 32cm 雨が降って与田浦は活性が上がった


 ヘビが苦手なおれはそこで引き返し、帰り道は初めて使う自作ラバジで杭を撃つことにした。結果は1バラシだったが自作ラバジでの初アタリは今後に希望を抱かせてくれた。フォローの棒ワッキ−でも抜きあげ失敗の恥ずかしいバラシがあり結局ここでは1匹ゲット3バラシ。カツも反対サイドからスピナベで1匹出してきた。

 昼食をとり東部与田浦へ移動のついでにバイブレーションポイントで昨年ここで好調だった黒塗りLV-0と自己満足のためビッグバドを投げたおすが釣れず。ここではカツがスーパースポットで1匹追加。やはりバイブレーションポイントと言われるだけのことはあるな。

 再び与田浦へ。こんどは東部与田浦の臭いポイントP-2で杭を攻める。すぐさまカツがスピナベでピックアップ時に釣り上げる。4対2か・・・これ以上離されてはやばい。負けてはいられないおれもすぐにバイブラシャフトで杭際から抜き出す。やはり今日の与田浦の状態はいいようだ。

 
        左:カツの4匹目 鯉のような色だった             右:3匹目 31cm やはりバイブラシャフトはよくつれるね


 さらにしばらく釣り歩くと業務連絡が・・・聞けばどうやらすごいのを釣ったらしい。これは見に行かねば。
車のそばで写真をとってサイズを測っている手には48cmのデカバスがぶらさがっていた。う〜〜これは完全に負けた。自己最高バスはものすごい暴れっぷりだったという。
 カツ5匹目 スピナベで48cmのビッグサイズ  こりゃ〜満足したぜ〜
 カツは前回の釣行からごっついヘビーロッドを使っている。ラインも20ポンドを使用しているおかげでこいつも楽々と抜きあげられたらしい。昨年、八郎潟で80cmの雷魚を仕留めていた彼はヘビー志向になったのだ。八間川のアシ際ラバジ作戦といい利根川のテトラ帯といい、水郷ではうってつけのタックルであろう。もしライトタックルを使っていたらテクのないおれらではひとたまりもなかったろうに。
 
  4匹目 39cm バイブラシャフト 砂底なのか色が薄いバス
















ここで杭をひととおり流すとさらに東間道下まで移動しナイスなサイズを1匹追加。これで4匹だ。
しかし目標まであと1匹というところで暗雲が立ち込めて雷雨が。さすがに続行不可能。カツは5匹のリミットメイクから余裕でビールを飲んでくつろいでいる。カッパに長靴の重装備で「最後の悪あがき」をするも激しい雨の前に撃沈、帰途に着いた。
次回の目標はスピナベ以外のハード系で釣るのと利根川でトップで釣ることですな。

今日の結果 トール4匹 カツ5匹  計9匹
(バイブラシャフト3匹 その他スピナベ3匹 スーパースポット1匹 ラバジ1匹 棒1匹)


2003年の釣り日記へ  TOPへ


inserted by FC2 system