5/26 水郷

 日曜に仕事が入った為今回も平日釣行となった。今日の目標は先週の反省を踏まえて5匹以上釣ること、利根川でトップで釣ること、そしてスピナーベイト以外のハード系で釣ることである。天気予報は曇りのはずだが外環を走ってる頃にまたしても雨が降ってきた。この雨で週末叩かれたフィールドの活性をリセットしてくれればいいのだが。

 まず朝イチポイントは運動広場前。雨は止んでるみたいだが草が濡れてるので長靴で降りたつ。やや風が吹いて川面が波立つ中ザラスプークやバイブラシャフトを投げてみるも今年まだ0匹であるここでは釣れる気がしない。すぐに釣れてくれないとやる気がなくなり見切ってしまうのであった(釣れる気がしないときにはホントに釣れないという法則にはさからえないのだ)。秋は釣れたんだけどな〜。次回から考え直さなければならない。
 
次に長豊橋。先週トップでバラシた悔しさがまだ消えてないので当然のごとくドッグXから入ってやろう。こちら側は風裏になっていて波がなく今日もまた絶好のトップ日和である。しかし平日にもかかわらず先行者あり。「どれどれ?」追い越しながら観察したらペンシルを投げてた・・・「かぶってる・・・」一応投げてみたが釣れず帰り道は広いゴロタをすばやくチェックするためスーパースポットをチョイス。
 ここは遠浅で根がかりが怖いので超早巻き策に出た1投目。ピックアップ寸前、足元で「ククっ」という違和感があり合わせると口に親指が入らんほど小さいバスがぶっ飛んできた。かわいいのでよく観察してみるとルアーが口に入らない。こいつは自分のサイズを勘違いしてるのか!?こんな子バスでも1匹は1匹、開始早々にしてあっけなく目標が1つ達成されてしまったではないか。これで迷いがなくなりSスポットの超早巻きに集中する。すると今度は「ググッ」と強いアタリのあと横っ走り!余裕で抜きあげると39cmといいサイズ。さらに3匹目4匹目と15分ほどで立て続けに4ゲット1バラシ、これぞ入れ食い状態!しかしこの後釣れ釣れのSスポットは根がかりでロスト。釣れたルアーはすぐになくなるという法則だ。代わりがなかったためラトリンラップ、TN/60、シャローAなどのクランクも試してみたけど何故かこっちにはアタリがない。めぼしいところはだいたい投げたので粘る理由もなくここは満足して常総大橋に向かった。常総大橋にも同じようなゴロタ地帯があるので期待がふくらむ。


1匹目 10UP(未計測) スーパースポット         2匹目 39cm スーパースポット

3匹目 32cm スーパースポット          4匹目 29cm スーパースポット絶好調 

長豊橋とは違い常総大橋は波立っていた。川の微妙な角度で風表風裏のところがあるようだ。見るとテトラには泡がたまっており汚い。先週水面を覆っていた油が風で流されテトラにたまったのだろう。その分テトラの外は水質がいい。

 
この道を走るとたまに遭遇します          常総大橋下は汚い泡がたまっていた

 まずはドッグXをチョイス。片道は丁寧に岸際を流すもアタリなし。ここもバイブレーションがいいのかもしれん。ということで帰りは中古で買ったTN/60を結びいっきに広範囲にチェックを入れると「ゴーン」と強烈なアタリ。こいつは31cmのわりにはいい引きをしてくれたぞ。この時点で今日はバイブレーションの日と決め打ちだ。釣り進むとさらに1バラシがあって高反応、作戦は間違いないようだ。

 5匹目 31cm TN/60  

ただ同じバイブレーションのラトリンラップ、TDバイブも引いているのにそっちにはアタリがないのが何故かわからない。
そこで冷静に分析するとラトリン〜は音はまあまあだがあまり大きい振動がない。TDは振動は細かく伝わるが大きい振動ではなく音はいまいち。TN/60は振動も大きく音もこの2つよりは上である。ということはアピールが強いルアーすなわちバスがすぐに見つけられるやつが釣れるのだろうと推測した。そういえばスーパースポットはアピールという点ではこいつらよりはるかに上回っている。そう考えるとロストしたのは痛いな〜。代わりのSスポットを補充したかったがまだ7時すぎなので買い物するには時間がある。なにかないかとタックルボックスをあさると長いこと眠っていたであろうラトルトラップを発見。これはほとんどSスポットと変わらないので生き返った気分だ。

今日の利根川は今までそれほど反応がよくなかった子バスの活性が非常に高くなりまるで様子が違う。こうなりゃ利根川巡りに行くしかない。つぎは大利根東公園前だ。これほどの活性であの広大なエリアを流したらどれだけ釣れるのか考えるとワクワクしてしまうのであった。 その2へつづく



その2へ  2003年の釣り日記へ  TOPへ


inserted by FC2 system