3/14 水郷 

<バスの写真にカーソルを合わせると釣った時刻が表示されます>

今年も待ちに待ったシーズンの到来である。

ご存知の通り今年の冬は例年になく厳しい寒さのせいで低水温が続いていたが、ここ数日の陽気で水郷でも10度を越え、ようやく釣果報告も見られるようになった。トップ系をはじめハードルアーを主戦とするトールにとってはまだ時期的に早い気もするが溜まった釣りキチの虫を鎮めるためにもここらで一度ガス抜きしておきたい。
釣れなくてもいい…釣りが出来れば…そんなわけで初出撃となった。



さて、今シーズンの目標だが…。
昨年1年間のルアー別釣果ではトップ系ルアーが非トップ系ルアーを上回ることができた。最終的に帳尻を合わせるために強引にトップ系のみを投げ倒した「トップ○カ」的性格が背景にはあるが結果は満足のいくものだった。

秋頃からはHi-Finのようにビッグベイトと呼ばれるものでも釣果を伸ばすことができ、水郷でもこのようなルアーが十分通用することがわかった。
そこで今年はHi-Fin以外のビッグベイトも状況に応じて使いこなせるようになる事。BOXの中を整理したら未だバイトすらないルアーがたくさんある事に気が付いた。
ひょっとするとまだ見ぬ兵が潜んでいるのはないだろうか。それを検証していく必要がある。
すでに当HPではお馴染みのHi-FinやGドッグXはトールの武器としては絶対的な地位を誇っている。
それらに匹敵するトップ系ルアーの台頭が待たれるところであるのだ。

開幕はコレでしょ♪ 新兵器も投入

久しぶりの水郷。通い慣れた利根川道もこの数ヶ月の間に何か変わっているかもしれないと注意深く走っているとナイスな場所に大手コンビニチェーンのロー○ンがオープンしていた。サン○スを過ぎると6号まで何もなかったんですよね〜。今度から寄らせてもらいます。


記念すべき開幕はやはり東公園前で。平日もあってか駐車場にはほとんど車がない。当然バサーの姿などあるわけないっす。
車を降りると西風が吹いていて寒いがそんなことは言ってられん!さあ突撃ー。

主戦のMクイーンには先週から家で結んであったHi-Fin。大方の予想通り今シーズンの開幕投手はコイツでした。
そりゃぁ〜第1投〜!ドッパ〜ンと豪快に投げ込んだ。しかしストラクチャーからは程遠いところにルアーが着水。数ヶ月のブランクもあるのでコントロールミスによる入浴はご免だ。この時期に入浴なんぞしてたまるか〜っつーの!そういう思いがぬるい攻めにしてしまうのは仕方のないところ。勿論、魚の反応などない。

試したかったトップ新兵器を数個ローテするもどうも釣れそうな雰囲気には感じない。この時期はこんなもんでしょ。それより寒いっす。
風裏を求めて対岸に移動すべし。しかし頼みの水郷大橋、復活を望む八間川も無反応にトールは成すすべがない。
西風をまともに受けると寒い。この風では寒さを凌げるであろうバイブレーションポイントにレッツらGO〜。



このポイントでは過去にも早春にゲットした記憶がある。ほんの5分で1匹釣れたかと思うと2匹目が出なかったり、いかにもダメそうな荒波の日や夏の真昼間でも釣れたりとつかみ所のないポイントだ。

ここでは最強と思われる殿堂入りスポットで本気攻め。ゴロタに臆することなく強引にゴツゴツ当てながらひたすら釣り進む。
Hi-Finでガバッと出たのは確かこの辺りだったろうか?
Sスポットがゴロタにゴツッと当たったかと思うと今度は柔らかい感触が伝わった。と次の瞬間、ヒュイ〜〜ン!と20ポンドラインが悲鳴をあげた。

お、重い。何なんだ?こいつはパワーのある魚だぜよ。数回いなしても一向に魚の姿が見えない。
ヒュイ〜〜ン!
ジャンプもしないからどうやら鯉か小さめのレンギョかな?いずれにしろめんどくさいことになりそうだ。護岸の上は水溜りで足場がないのでハンドランディングできそうな乾いた護岸までは10mほど。
今日は外道でも1匹釣れれば一応ネタになる。バレないように慎重に曳航していくと外道が一瞬ギラッと身を翻した。
あれ???
何か黒い模様が… うほッ♪ バスだ!それにしてもこんなでっぷりと太ったグッドサイズが初バスとは…

9:52
1匹目 46cm 殿堂入りSスポット

 続く


 2006年の釣行記へ  TOPへ


inserted by FC2 system