4/26 水郷 

<バスの写真にカーソルを合わせると釣った時刻が表示されます>

どうも最近レポの更新が遅れ気味になっているのだが私は翌日に釣りをしているからではない。(すいませんパクリました)
だって平日釣行だもん(笑)。疲れを残したまま翌日の仕事が終え、作成する気が乗らなければそのまま寝てしまう。要するにぐうたら生活をしていたわけで…ま、多忙だったことにしておきます(笑)。週末の参考にしてくれている方のためにもリアルタイムの情報を提供していかなければならぬと改めて思う次第です。


おばあちゃんが言ってた、「橋の下にはテトラが入ってるんだ」と。(すいません、これもパクリました(笑))
先日開通したばかりの若草大橋に立ち寄ってみた。利根高速を走ったことがある人ならお解りかと思うが栄橋から長豊橋の間の距離が随分長い。そこでほぼ中間にあたる場所に新たに便利な橋を開通させたというわけだが一つ問題がある。通行するにはしっかり金を取るんですわ。私はたぶん使わないでしょうね。

橋桁の脇に車を止め土手を乗り越えていくと想像通りの光景が広がっていた。橋の下に真新しいテトラがゴツゴツと密集。開通したばかりとはいっても基礎部分であるテトラは昨日今日沈めた物ではなく、数年前には入っていたと推測されることからバスは付いている可能性は十分あると思う。
ぱっと見の印象としてはテトラが多すぎで渡るのはちょっと難しいかな。ワーム使いの人なら護岸から穴撃ちがいいかもね。
私としては左右を遠く見渡して発見した乱杭地帯のほうがおいしそうだったのだが…
そのエリアとはこれから暖かくなるにつれてさらに繁茂しそうな強烈なブッシュ地帯で岸際までのアクセスは難しそう。ヘラおじさんが作った小道はあるかもしれませんがそこまでは確認できずじまいでした。
探究心のある方は行かれてみるべし。で、アクセスルートをこっそり教えてね。

開通したばかりの有料大橋 おかっぱリには攻めづらそう

いつものように公園前下流部に入ってバズベイトを取り出す。雰囲気から今日はマスターバスが怪しい。
まだキャストの感触を確かめながらのわずか2投目。ボシュッ!といきなりの水面爆発。マスターバズが水中に引きずり込まれていったのだ。いやいや、今年初トップが40UPと何とも気分がいいものだ。


これは…ウハウハのトップ天国?と思いきやその後のバイトが全く無くガッカリさせられた。調子に乗って他のトッププラグやビッグベイトに手を出してしまったせいもあるがこれほど反応がないとは思いもよらなんだ。
あわててスピナベで1匹を出しにいっても後の祭り。バズで獲れた事ですっかり状況を見失ってしまっていた。釣れ釣れなどいってられない状況だったようだ。
開始早々、辺りが暗くなってきた。なぜかって?実は仕事を早く片付けて夕方から水郷に乗り込んでいたんですよ。


マヅメ時を1つ余計に楽しもうという戦略だがたったの1匹ではあまりメリットもなかったよなあ〜。
Hi-Finでの夜釣りの部も全くダメだったし。せめて1回くらいは出て欲しかったんだけどな。期待ハズレの結果に終わると疲れは倍増。
ついさっきまで仕事をしててそのまま家から2時間ドライブしてきたのだと思うと体が重くなってきた。

てなわけでアピタで遅い晩メシを喰った後は横利根の駐車場で早めに就寝となった。

17:54
水郷へ 1匹目 40cm マスターバズ

ブルブルブル…ふ〜っ、さぶい!夜が寒いこの時期の車中泊はエンジンを切るとすぐに寒さで起きてしまう。再び、暖を取るためにエンジンをかけてそのまま寝付いても今度は暖房が暑くてまた起きてしまう。うまくいかずイライラするね〜。
それより、一晩でこんなに何度も寒暖の差があると風邪を引いちまうよ。

 続く


 2006年の釣行記へ  TOPへ


inserted by FC2 system