5/9 水郷 

<バスの写真にカーソルを合わせると釣った時刻が表示されます>

GWが明けてさっそくのお休みはもちろん平日。予告どおり水郷へレッツらGOです。連休を仕事で過ごしたご褒美に貸切のフィールドが与えられたということだ。雨がらみだし一足先にトップ天国を味わいに逝きますか…じゃなくて行きます。

バサーで混雑した水郷各所は叩かれまくったであろうが利根川みたいな大場所に関してはさほど問題ないと思う。ただ水路系は厳しいかな〜。好調だとの情報もあるが「叩きましたよ」という情報ですからね。とりあえずいい話を聞いた以上は試さないわけにはいかないけどね。


いつものように長豊橋に寄り道して黒バズチェックを入れるのだが今日はバニーを結んで出撃。去年から戦力となったバニーだが近頃、信頼度が急上昇なのだ。
そのセコいまでの小ささがいいのかビッグバドに比べると出る確率が全然高い。(あたりまえか)
ゆっくり巻ける(早巻きするとトップではなくなる?)のがいいんだろうね。
バズベイトと同等またはそれ以上のバイト誘発ルアーだろう。これからはサーチベイトとして使える重宝ルアーとして活躍することとなるだろう。

しか〜し、全く出ないッス。少々やな予感も感じつつ車に乗り込んでキーを回した。
一気に移動。釣行記を読んでいる方なら予想通りのルートだ。
朝に公園前に来ていただければ私に遭遇するのは間違いないですな。ぶっちゃけココ以上に自信のあるところがないので。他のポイントを探すどころか益々公園前依存症に陥っているような気が…



準備を整え、横断歩道を渡るとすでに先行バサーが2人ほどいた。私と同じGW返上組なのだろうか…貸切はさすがに考えが甘かったようね。
一人を追い抜きゴロタ地帯にバニーをキャストし始めた。先週は夕マヅメに出たしビッグバスもこの辺りだった。狙いがストラクチャー一辺倒でいつもはパスする所を丹念に攻めるのも新たな発見があるということを教えられたからね。

プシュ! ほら、早速ヒットしたぜ。これは前回の経験が生きた1匹ですよ。

気になるのはどうもショボい出方だった事だ。元気は良くないけどフッキングは悪くないのが救いだが。
私の表現で 「ボシュ!」と勢いよくひったくられる出方の活性がMAX100%だとするとこの「プシュ!」は60〜70%くらいだろうか。
もう少し早く巻いたら追いつけないような印象である。こういうときの対処法は簡単。動かないルアーを使えばいいわけです。

カチカチカチ…プシュ! ゼンマイ野郎が水面から消し込んだ。
水面が静かだったしゼンマイはこのくらいの活性では力を発揮してくれる。とはいえバイト連発というわけには…なるほど、少々難しい状況である事は確かだ。本気攻めが必要だろう。

4:41 5:02
1匹目 31cm バニー54 2匹目 28cm パワーパックシャッド

乱杭・テトラエリアでは思ったようなバイトが無くルアーチェンジ。余談だが私は最近ルアーチェンジをエリアによって使い分けている。
スピナベエリア・バズエリア・バイブレーションエリア・GドッグXエリアと毎回ほぼ同じエリアで同じルアーにチェンジしている。(季節によっては多少違いますが)

GドッグXエリアにさしかかった。当然用意していたGドッグXにチェンジ。これをやるために公園前に来ているようなものです。さあ、気合を入れてドッグウォーク。
プシュッ!
今日も釣れてしまった。これも同じ出方。さっきまでのバイトを見て連続ドッグウォークさせては釣れないと思い、止めたタイミングで消し込んだのだった。これも狙い通りだぜ。

しかしどれもサイズがイマイチだな。風の当たる対岸へ移動して活性の高いデカバスを狙いたい。


対岸は波がいい感じにザブザブと打ち寄せられている。
ここに来た理由はただ一つ。これを投げたかったんだ〜。おりゃ〜〜〜!ボッチャ〜ン!
デカルアーを荒波の中にロングキャスト。50UPの夢、再び…

ま、そんな都合よく事が運ぶわけが無いっす。
つ、釣れる気がせん!すぐに嫌気がさしてきた。釣れた記憶が新しいのにこんなにも早く飽きるとはビッグベイトとは恐ろしいルアーだ。

せっかく来たのだからと4匹目を狙いにテキサスにチェンジ。今日は「何でもやってみよう」っちゅう事でね。低活性なら1匹くらい出るッしょ…沖目のストラクチャーに狙いを定めた。
ゴツゴツ…ゴロタかテトラが頻繁に引っかかって根がかりが連続で起こる。
あ〜もう、ストレスが溜まって集中できない。こんなのやってられんな。チェンジチェンジ!
ビュ〜〜とリールを全開に回しルアーを回収。
ガツン!グングン! うわっ!
なんとテキサスの早巻きにバスが反応した。おっしゃ、狙い通りだぜ(大嘘)。

5:43 7:55
3匹目 29cm GドッグX 4匹目 32cm ファットイカ かつ水路にやってきた

これだけやって4匹釣ればいいだろう。どれ、次は爆釣水路でも探そうかな。かつ水路に向かった。

 続く


 2006年の釣行記へ  TOPへ


inserted by FC2 system