7/25 水郷 

<バスの写真にカーソルを合わせると釣った時刻が表示されます>

豪雨の爪あとが残る水郷へ行ってきました。え〜と、いつだっけな?1ヶ月も前の話です(笑)


何処もかしこも豪雨の爪あとが残っていました。
期待のバイブレーションポイント〜北利根〜霞は繋がっている為全て水が溢れていたな、確か…(写真をみて思い出した)。
利根川も予想通りの白濁り。おまけに泥が積もって歩けないし。

ここは影響の少ないであろう与田浦の水生植物園付近に。
あまり実績のないポイントであるがトップで出そうなことはココくらいか?

いろいろなコースで適当にバズを引いていくと不意にボシュッと。出ると思わなかったので慌ててしまいすぐにフックアウト。
後で思えばこれが最大のチャンスだった。
丹念に付近を捜索しても2度目はなかった。

次も水位が安定している釣れ水路に移動。橋の上からバズを投げる。本命である岸際の葦から攻めるが無反応。
仕方なく適当キャストを繰り返しながら次なるポイントを検索する。
ボシュッ!と元気のいいバイト。油断している時に足元で出た。ピックアップ寸前に出られると手の打ちようがないっす。


中略。


敢えて書くほどのイベントもなく夕方に突入。

バイブレーションPは水没

ボーズ逃れの1匹が必要だ。
出番の少ないスピニングタックルを取り出した。一体いつ巻いたのかわからん8lbラインに半分の棒がワッキー刺し。
これだけで十分。
魚影の濃い横利根大曲付近に到着。ピッピッっとテクトロ…こりゃ懐かしいね〜。
プルル…クンクン…ギュイ〜〜ン。乗った。
おお〜〜〜、なんか新鮮な気分だ。このスリリングなやりとり。やっぱりスピニングって引きが楽しめるね。MQでこのクラスが釣れてもコバッチィ扱いだもの。


ボーズ逃れの写真を撮り終え、急いで車に戻る。
そしてMQとチェンジ。やっぱり男なら。(いつもの展開です)
クレージークランクで1バイト。乗りませんでした。

16:59
泥だらけで 歩けばズブっと 1匹目 34cm 棒



今日の釣果  トール-1匹

棒−1匹



   2006年の釣行記へ  TOPへ


inserted by FC2 system