6/5 水郷 

<バスの写真にカーソルを合わせると釣った時刻が表示されます>

たいした釣果もないままもう6月かい!
今年たったの5匹しか釣ってないのヨ。今回は弟子を引き連れての”指導”釣行。

トップで釣りて〜〜。ってなわけで気合で1時半に早起き(夜じゃん)
サンクスで合流し日の出前には水郷大橋へ到着。
ま、まずい。4時前なのにもう空が白みかけている。

暗いうちに試したいルアーがあるのだ。毎度お馴染みデッカイ羽モノのアイツです。
気になるところへHI-FIN投入。必殺のステイ&シェイク。シ〜〜〜ン。
そして満遍なくバズで早引きチェック。GドッグXでチャッチャッチャと…。はぁ〜。何も起こりまへん。

ゼンマイ野郎をセット。チャプン!で、出た。何とショボイ出方だろう。これじゃ〜バズなんかでは釣れないと実感。
早起きも虚しく朝はこのワンバイトのみだった。最近の不調振りを引きずってます。
日が昇ってからは暑い。曇り予報が完全にハズレて雲など殆ど見当たらない快晴になった。

どうしちゃったの利根川は?ヒロもバニーやスピナベなどで攻めるもノーバイト。まだトップや一部の巻物ルアーしかできないヒロは流石に厳しい。
違った釣りを伝授しに横利根へと移動。日が出たらシェードが怪しい。

日が昇る。なんだかなあ〜
毎回同じカットからスタートってのも
久々に弟子ヒロ登場。期待のマヅメ時がノーバイトではテンションが上がらない

ファットイカのテキサスをぶら下げ、船の下に投入。釣れない時のためにこういうネチネチな釣りも教えておかねばならない。
プルル…!クンクン…ロッドが微かにしなり始めた。レクチャーしつつ目の前で釣ってやろうぞ。
バイトがあった事を告げ、ビシッと合わせた。もらったぁ! ん!? スッポ抜けでした。ヒィィィーーーー。

ヒロはスピナベに1バイト。田んぼに水を入れる揚水場が動いている為、その周辺は活性が上がったのだろう。利根川よりは幾分マシなようだ。
続いてラバジでシェードパターンを期待し、釣れ水路〜カツ水路を回るがこちらは水が悪い。無駄足に終わった。

ヤバイ、師弟揃ってチン激の危機かも。何とかなりそうな横利根で夕方勝負だ。テキサスでズルズルとテクトロ。ヒロは船際にラバジを投入。何も起きないまま日が傾く。もう最後のポイントだ。お互いワンバイトあったあの場所に行くしかない。
車に戻るヒロを追いかけつつ最後の悪あがき。シュルルル…んも〜っ!軽い棒をベイトで投げているせいでバックラしてしまった。

ラインを戻し回収しようとしたら重い。くそ〜根がかりか。 グングン…ぬおっ!魚か!?。なんとなんとヒットしてました。クゥ〜〜!長かったぜい。



最後のポイントに到着。すでに揚水場は止まっている。当たり前だ罠。こんな時間だから農作業などなってないし。
さっき訪れた時、ヒロが小さいカエルを食べる高活性のバスを目撃していた。まだ居るはずだ。二人ともその1匹狙いという醜い争いが始まった。バニー54でヒロがトールはゼンマイ野郎で迎え撃つ。

カションカション…… カチカチカチ……ここは小場所過ぎるゆえ、二人のルアーが近いのだ。ボシュ!出、出たぁ〜
軍配は?


















ゼンマイに上がった。ガハハハ、どうだ見たか! しかしちいせ〜なぁ〜。





ホイと抜き上げたラインの先には…鯛が。ヒィィィ〜〜〜〜

17:39
公園でも無反応。どうなってるの?
(こんな写真が採用されるのも釣れてない証拠)
1匹目 39cm 棒
やっと釣れた偶然の1匹に感動の涙!?

初トップは…淡水鯛でした。
薄暗い水郷大橋。ビッグベイトで最後のアホを敢行するトールにヒロから電話が。
「つ、釣れました」 
ラバジで釣れたという。暗くなったら是非チェックしてほしい場所があると言い残しトールは一人利根川へと向かったのだ。

ト:「アタリは分かったの?」 
ヒ:「バックラしてる間に…」

うへっ!そこまで師匠と同じ釣り方すんなっつーの。今日はバックラパターンでし棚。


今日の釣果  トール-1匹 ヒロ-1匹  

棒ワッキー-1匹



   2007年の釣行記へ  TOPへ


inserted by FC2 system