6/12 水郷 

<バスの写真にカーソルを合わせると釣った時刻が表示されます>

未だ調子の上がらない利根川。つまり利根川をメインに考えている私も調子が上がらないわけで困ってしまった。
一旦は見放す素振りを見せるも未練が残り公園前などの様子を見に行ってしまいノーバイトの悪循環を繰り返してばかりだ。
今日は利根川いかねえ〜!と堅く決意したのであった。(っていっても釣行前だけね)

それにここらで”釣れない君”の称号は返上するとしよう。獲れる確率の高い朝マヅメの時間帯をどう過ごすか?朝イチのポイントを見直す事も必要だ。
たまには違ったパターンで、朝から横利根に出向いてみよう。この時期ならトップでも釣れそうだし。とにかく魚のいる所へ投げんことにゃ〜。

シャワーをさっと浴びてレッツラGO! 暗い利根道をひた走る。気温がやや低いのか霧が濃い。こりゃ前が見にくいよ。
ノロノロと安全運転でと水郷にやって来た。

横利根某所。
岸壁は深いイメージを持ちがちだが比較的浅場を探せばトップでも十分出る場所はある。
ロッドの先にGABANカラーのビッグバドが下がっている。これで釣ってやるぜ。
カションカション……パン!! で、出た。しかしバスが小さすぎなのか乗らない。横利根は数投すれば終わってしまうピンポイントを歩いて巡るだけに代打職人のように1投にかける集中が必要なのだ。
引けないエリアはガンディーニでシェイク&シェイク。 パン!! 同じようなバイトだ。当然乗らないわけでして…クソーーー!
でも横利根の反応はいいねえ。

霧に包まれる公園前。今日も不発

まだ日が出ていないしチャンスタイム。気がつくと何故か公園前へと向かっていた。(意志が弱いのです)
「ひょっとすると」って思っちゃうんですかね〜。利根川依存症がまたしても出てしまうのであった。

霧でよく見えないが先行者が数人…ダメだこりゃ。水門が開いており流れは急だ。無風だしタイミングは最悪だった。
無風?ならば行ってみようぞ。大移動。そう、毎度お馴染みのバイブPです。

水面はまっ平ら、いい感じッス。
今こそコイツの出番、GドッグXを結び、延々とチェックしていく。今にも出そうなんですがね〜。つまり出なかったということですわ。
レンギョが岸寄りのエリアを占拠していた。これが原因かな。
Sスポットで折り返すもゴロタのアタリ以外は無反応だった。

日が昇るとすでに暑い!予報では30度近いと言っていた。喉が渇くし干からびちまうヨ。ローソンに車を止めた。
と、そのままくたばりタイム。今日は寝ずに出てきたのだから無理もない。


暑ち〜〜!目を覚ますと灼熱地獄だった。こんな時は日陰に避難…ん?シェード狙いに行くか。
とりあえずの1匹を求めに横利根にGO。船際に棒を落とし込む。と、スゥ〜っとラインが走り小バスをゲットした。
さらに歩くと見えバス君が10UP〜30UPまで5〜6匹が群れているではないか。なるべく近づかないように身を屈めキャストした。
スゥ〜〜。食った!30UPの方が掛かったようだ。杭に巻かれてプチン! ヒィィィ〜〜 スピニングは8lbライン、コイツはキレやすいんだヨ。
再度挑戦するが今度は10UPが掛かりバラしてしまう。そうこうしてるうちにスレてしまった。
付け焼刃のライトリグは超ヘタッピだ。1回のチャンスを確実にモノにできない利根〜〜

11:30
写真だとよく見えないが見えバスが10匹前後群れていた。 1匹目 29cm 棒
狙い通りシェードで食ったヨ
昼間の利根は大減水。終わってます

 続く


 2007年の釣行記へ  TOPへ


inserted by FC2 system