10/15〜16 水郷夜釣り 

<バスの写真にカーソルを合わせると釣った時刻が表示されます>

夏から絶好調の夜釣りにも前回の釣行で変化が見えてきた。
あれだけ釣れていたデカダンスのネチネチパターンでは反応が薄くなり、その代わりにミニバドなどのタダ巻きルアーにバイトが多くなってきたのだ。数はそこそこ出てもあのサイズでは満足できるものではない。
トップに飛び出すバスのサイズが小さいのもあってミニサイズのルアーが奏功しているのだが間違ってデカバスが釣れる事もないのだ。

利根川でもナマズの派手バイトすら減った気がする。これは秋が深まったことを意味しているのだと思う。
手始めにバズなんかで試しても勢いよくひったくるバスもいないし、いよいよGドッグXなんか出番なのかなあ?
リアクションで食わす時期に入ったのか?その辺も検証しときますか。


夕マヅメ時、東公園前に到着。車を降りると北東風がきつい!寒いっす。
土手を降りると…おお〜!杭が見えないくらいに水位がありますなあ。
見えなくても乱杭のある場所は大体把握しているから心配ご無用。

まずは比較的アピールが低いマスターバズで杭のある場所を通していく。開始早々、シュポ!っと何者かが触った。アシストフックを装着してるとはいえフッキングしそうもないショボバイトだ。
やはり活性は低いと判断。ビッグバドにチェンジした。(バドは低活性時でも出た経験が多いので)

しかし乱杭でショボバイトが1回あったもののバイトはそれっきり遠のいてしまった。
マヅメ時にこれはヒドイ。移動するために引き返しながらテキトーキャスト。
ボシュ!今度はしっかりとしたバイトだ。
よっしゃ〜フッキングもOK。ラインを鳴らしながら手前に走ってきた。ひらりとロッドでいなして…ん?バレてる…あわわわわ


チキショー。本物のマヅメ時はこれからさ。夜マヅメの牛堀に移動しよ。
利根川でのノーフィッシュに早くも焦りが出始めたのであった。

ここでは鉄板ルアーがある。前回活躍のセコルアーのミニバドだ。まあその前に結んであったビッグの方も投げてみるか。
ポチャン、チャリンチャリンチャリン…ボシュ!ピックアップ寸前に飛び出してきた。たった3投でボーズ回避に成功。

あまりサイズは期待できないので数を伸ばすため一網打尽のローラー作戦に出る。
ポシュ!プシュ!チャプ!おりゃぁぁぁ〜〜!!見たか!コバッチィ〜連発技。
こいつはバニー54に匹敵する夜ルアーだねぇ。釣れる♪


というわけで今日も同じようなつまらん写真ばかりですんません。
19:55 20:58 21:01
1匹目 33cm ビッグバド 2匹目 31cm ミニバド 3匹目 27cm ミニバド

突然、雨が降ってきて一時退散。楽しみは朝にとっておくとするか。
3時。ムクッと起きていざ出陣。夜に攻めなかったエリアで数を伸ばして…ト、トップ天狗ですか。グヘヘヘ。

チャポン。ん?暗くてわからないが影が…人?
あひゃ〜〜。何で?何で何で。(最近陰りがちなこのギャグで(笑))
3時だぜ!!!おいおい、早すぎでしょ!かく言う私めも同じ穴のむじなですが・・・
ガラガラと音を立てて爆釣計画が崩れてしまった。


東公園前…しか思いつかん。レッツらGO!半ばヤケくそで再び利根川に向かった。
手始めにバズを試す。やはり出ません。

トップに出すならアイツか。
予言通りのGドッグXを取り出した。カラーはいつもの釣れカラー。万全の体制で望んだ結果…
やっとこさの1匹。やりゃ〜出るのさ。ハッハハハ。あ〜手首イテ〜(笑)
実はこれ1匹出すためにかなり手首こねました。

21:09 5:29 6:04
4匹目 28cm ミニバド

もういい!楽なルアーでズルしよう(笑)。
案の定、スピナベを投げると次々とひったくられた。水面には渋くても巻物にはまだまだ激しくアタックしてくるのだ。
ヒットしたのは乱杭の中ではなく岸際〜沖と散っていたことから秋のパターンではないかと。
私的には絞りづらいのでやりにくいんです。

攻略するにはとにかくキャスト数でカバーするしかないっすな。疲れる釣りですが。

6:54 7:07
7匹目 32cm 無印スピナーべイト 8匹目 35cm 無印スピナーベイト

結論。利根川トップは難易度が上がった。

どうしてもトップで釣りたい人は「根気」とルアーチョイス。
ゼンマイ野郎なんかではまだイージーに釣れる気がします。
少しでも水の良いエリアで勝負する事だと思います。公園前だけでも水のいい所悪い所がありました。あとはボラによるシャロー占拠が運命の分かれ目かな。

トップに拘らない派はず〜っとスピナベ投げとけばガンガン釣れます。乱杭に固執せずにあちこち満遍なく攻めるのがいいでしょうな。


今日の釣果  トール-8匹 

ビッグバド(鈴チューン)-1 ミニバド-3匹

GドッグX-1匹 無印スピナーベイト-3匹


   2007年の釣行記へ  TOPへ


inserted by FC2 system