3/11 水郷 

<バスの写真にカーソルを合わせると釣った時刻が表示されます>

3月になって初バスゲットだのいう話がチラホラ聞こえてきた。くそ〜〜、自慢話を聞いているだけではつまらない。
春の訪れが早い池で実績を出しているのだが水郷ではまだのよう。
私も噂に乗っかって池巡りしようか迷ったが言うほどそんなに釣れていないみたいだし…とにかくあの辺は遠い。
爆釣の話でも聞いたらこっそりとハイエナ作戦に出ようか…

これから本格的始動するために水郷を偵察してこよう。先陣を切って初バスを釣って自慢返しをしようという魂胆だ。
この春、一番の陽気で昼からは気温がグングンと上がる予報で夕方がチャンスとみている。それまでは各所の活性具合をチェックだ。


霧の中を走り抜け、まず利根川にGO。
まだ時期が早いがとりあえずは見ておかない利根。春に実績のあるエリアだけに絞ってスピナベで本気モードで流す。居ればあるアクションにバイトがあるはずだがチェイスすらみられないっす。今日の段階ではバスがいません。


次に対岸に移動。春の定番(だった)八間川が気になった。
カンを頼りに車を走らせているとバサーの姿が多い。でもホントに釣れてるのかねえ〜?
3〜4年前の護岸工事以前にあった好ポイントがことごとく変化のない風景になってしまったのでどこが釣れるのかははっきり言ってわからない。

人っ気のない所でテキトーに車を止めてスピニングロッドを出した。超セコ棒ワッキーをリグってある。確かこの辺はスポーニングエリアだった。ゴロタが沈んでいて岸際も葦や杭があったものだ。
今はどうだろう?変化といえば水路の入り口くらいか。そこに棒を落としてみた。コン! ス〜〜っとゆっくりラインが移動している。
「食った!」 
うげぇぇぇ〜。すっぽ抜け。。。。似たような場所を撃っていくがこれっきりだった。

霧の利根川。まだ早いね 八間川の様子 こういう変化にバスが

次に大きくエリアを変えてバイブP。
春先にコンディションのいいバスが釣れるからだ。お気に入りのSスポットでゴロタの頭を丁寧に叩いていく。
ゴンゴン…ゴンゴン…  この時期、根がかりなど気にしてはいられない。虎穴にいらずんば虎子を得ずというわけだ。
グン!。いきなりロッドが絞り込まれた。ヒュイ〜〜ン! 
ラインの音とともにものすごい勢いで一気に沖に走り出した。 動きが速い!!なんだこいつは?アメナマ??ボラ???

ロッドを低くコントロールすると首を振る魚体が現れた。デカい!そして…黒い!バスだ。少なくとも40UPだがこのすごい引きは45UP級。
こちとらエクストラヘビーだよ。力技で強引に鎮めようとするが尚も沖に走りながら激しく暴れるバス。
次の瞬間、水面で首を激しく振られた。。。はい、言わなくてもわかりますよね。クソーー。
バスが居ることはわかった。コンディションもいい。まだ数は少ないが。

次は某水路。テキサスとガンディーニで(なぜトップ?このへんからオカシクなってます)攻めるがノーバイト。ここも早いね。


さてお待ちかねの夕刻。
考えたのは2つ。
朝は不発の利根川もこの陽気で1匹くらいは釣れるのではないかという期待は捨てきれない。
魚影の濃い横利根なら居場所の特定がしやすいのでは。

結論が出た。午後の南風で荒れた利根では望み薄。従って横利根にGO。
まずは巻物を試す。ゴロタ地帯をバジング気味に引いて来る。
モワ〜〜。スピナベの後ろでバスが反転。チキショー、ミスバイトだ。

でも間違いなく居た。スピナベの動きには付いてこれない。
そんじゃ〜、スローにトップで仕留めてやろうぞ。
ほれ、ポシュッ!キター━━━━(゚∀゚)━━━━!!   

それにしても引かねえなあ〜〜。サイズは悪くないんだけど。。。
この時期だから贅沢は言えない。よくトップで出てくれたヨ。

今年の初バスにして水郷初トップだぜよ (`・ω・´)シャキーン
初バスをトップで獲ったのは初めてです。この調子でいきたいね。

こちらはお馴染みバイブP 1匹目 35cm バニー54


今日の釣果  トール-1匹 

バニー54-匹



   2008年の釣行記へ  TOPへ


inserted by FC2 system