4/28〜29 水郷夜釣り 

前回自作ルアーで釣れた事に気をよくして第2弾を完成させておいた。例によって塗装して連結しただけだがこれで十分。
2作目は低アピール仕様にマイナーチェンジを施しておいた。このほうが今の水郷で利きそう。今回はその威力を検証するのが最大の目的。これで釣れたら…フフフ、非売品で真似っこ作戦を封じまっせ〜。

この日は船橋で送別会があったがそんなの関係ねえ〜〜!自家用車で出向き、1次会解散後に即高速移動、水郷へレッツラGO。
誤解しないでください。飲んでませんよ〜。

横利根11時到着。船橋から東関道利用だと結構早い。

開始早々バニー54でレギュラーサイズを1匹ゲット。やはりバニーは現時点では最強トップルアーですな。
もうバニーで釣れるのはわかりきっている。(←贅沢か?) 感動と興奮を求めて違うルアーで釣りたい。
その為に用意した「新作アライくん」を投入。
チュポ、チャプン、ピチャ、…で、出る。しかし活性が低いのかショボいバイトばかりだ。

エリアを移動して梅安さんと合流。お手本を見せてやろうと本気バニーで攻める。

バシャバシャ! キター━━━━(゚∀゚)━━━━!!

と思ったら横で梅安さんがグッドサイズを釣り上げていた。流石ですな。
その後しばらく撃つがしっかりとしたバイトは少なくフッキングしないっす。

やがて明るくなってきたので公園前に。
見た目、全く魚っ気がない。そんな場所で先行車二人組がロッドを振っていた。トモさん夫妻だ。案の定、何も起こらないという。
そうは言ってもモカの聖地。一応流しておこう。梅安さんを先行させてよく釣れるエリアで丁寧に攻め続けているとフィーディングシーンを発見。小魚が岸際に追い詰められたそこへキャスト。
シュルルルル〜〜〜
ガスン! 
バズベイトで43cmの暴れバス。利根バスはコンディションがいいっす
しかしこんな釣れ方だと2匹目は出ないだろう。てなわけで水路へ移動。。

23:04 5:38
1匹目 33cm バニー54 梅安さんゲット 2匹目-43cm マスターバズ

梅安さんが通称ダッシュ水路と呼ばれる水路に案内してくれた。
そこはトールも以前に水路巡りで訪れた場所だった。その時は無反応だったが・・・

激浅なのは承知済みだ。何を投げようかと考えて取り出したのはガンディーニ。(←無謀っす)
浅い場所ではトップでも勝機がありそうだからね。
数投して横を見ると梅安さんがヒットさせている。ギラッと一瞬魚体が見えた。おお〜〜!でかい!

が次の瞬間、ヘナヘナと力なく道路に倒れこむ無残な男。逃した魚は大きいとはこの事か。相当凹んでますた。
しかし梅安さんはその後にラバジで2本を追加。奥様もスモラバで1本釣りあげていた。ここってこんなに釣れるトコだったのね。
私はというと・・・なにも起こりませんが、何か? 

スピナベなんかも投げたんだけどな〜。アフターで横の動きには反応しなかったのかな?。

トモさん登場。釣れない君に…  梅安さん利根川入浴中。

そのまま水路A、水路Bと移動。ズルビキさんとお会いしてご挨拶。
駄弁っていると眠くなってきた。完全に電池切れだしばしくたばりタイム。zzz・・・


起きて1時間ほど他の水路を巡るが無反応。その後与田浦〜横利根とドライブすると目ぼしいポイントはバサーだらけ。
この分だと夕マヅメの横利根あたりはバサーが多そうだ。

というわけで夕方は不調の利根川公園前へGO。朝同様、全くバサーがいない。
それだけではない。バスもいないのだ。例年は釣れていい時期なのに…復活が待たれる。

デ、デカバスが…へたり込む男、梅安さん   西新井くん2(仮称) これ1個で8〜9バイトくらいあった。激釣れルアーか? 

さあ、帰ろうか…


いやいや、休日の帰り道はおそらく渋滞です。暗くなってからが本番。(何時間やってんだ?)
梅安さんと再合流して夜釣り開始。

なんとか1本獲るべくガンコに新ルアーで攻める倒すのだ。

するとプシュ!ポン!パコ〜ン!ピチャ!チャプン!…いろんなバイトが多数。

しかし…乗らない。乗らないクンと呼んでください。
横を見れば梅安さんは本物のアライくんで獲ってるし…く〜〜腕の差です。

総バイト数 15回、うちゲットしたのは2匹だす。へたっぴ杉・・・(藁)



梅安さん1日お疲れ様でした。ルアーまで頂きましてありがとうございました。
またご一緒しましょう。


今日の釣果  トール-2匹 

バニー54-1匹 マスターバズ−1匹



   2008年の釣行記へ  TOPへ


inserted by FC2 system