7/20〜7/21  7/22〜7/23 水郷夜釣り 

今回はドド〜〜ンと2回分まとめての釣行記。
1回あたりのネタがショボイからたった1ページに収まってしまうのだ。情けないっす。


まずは夜横。いつもの場所から攻めるとしよう。

開始早々から、バニーがひったくられる。
ポシュッ! グングングン! 出方はショボいが引きは強い。いきなり40UPか!?

と思ったらすぐにバレタ。 ヒィィィィ〜〜〜。



夏パターンになり今までとは違った場所に移動しているかもしれない。読みが当たっていればこういう所でも出そうだ。
なんの変哲もないディープな護岸際にキャスト。
一呼吸待った後にルアーを動かすともうバスが付いていた。

キター━━━━(゚∀゚)━━━━!!

小さいが狙いどおりに釣れると面白い。。

それにしてもヘロヘロの貧弱な体つきだ。これぞ横バスって感じっす(笑)。痛々しいな〜〜。

トールP2に移動して1本追加するもサイズはイマイチ。
そもそもバイト自体少ないので拾いようがない。どうしちゃったの?

そうこうしているうちに夜が明けた。夜はビッグベイトからバニーまでいろんなルアーを投げたが2本目以降は全く無反応だった。
釣れない理由は一つしかない。ポイントが悪いんだ。


てな訳で本湖へ大移動。

黒ゴロタらしき所に到着。キャストしづらいピンポイントにXJ-100を送り込む。
そしてワンアクション。

ゴボッ!キター━━━━(゚∀゚)━━━━!!


本湖の方がバスのコンディションはいいようだ。写真を見てお分かりだろう。夜横バス2匹はお腹ペッタンコなのに対して本湖バスはキレイですね。

23:06 0:35 6:35
1匹目 28cm バニー54
2匹目 31cm バニー54 3匹目 35cm XJ-100

さて、7時頃になるとすでに気温は30度まで上がって暑い。

トップで釣れるのはここまでだろう。
夏の釣りは朝帰りが常套手段だ。粘っても疲れるだけで何の収穫もないのは明白である。
てなわけでさっさと撤収。




そして中1日でまた釣行チャンスがきた。
この日は会社の健康診断&飲み会があり次の日は休日。
こりゃ行くしかないっしょ。ロッドを搭載したマイカーでこっそり会社に行き飲み会後に東関道で直行。

あっという間に40分くらいで到着。近いね。
珍しく南風が吹いており木がしなるほどだ。まずはnn1に。
すると今までなかったストラクチャーが目に付いた。

丁寧にGABANバドで探るとバシュっと出た。しかし掠りもしない。
他の有望ピンスポットも沈黙の艦隊…何かよくないね。

とりあえず1本獲りにトールPへ。一番の鉄板ポイントに妥協無しのバニー54を投入。この攻めは最強で釣れない筈がない。

ポシュ!


着水と同時に水中に消しこんだ。 一丁上がり。

そこでバニー54はお役御免。羽根系でラン&ガンしたが全くバイトがないっす。生命感といえばウシガエルと群れで泳ぐ変なベイトフィッシュくらいですかね〜〜。水面でピチャピチャ跳ねるフナとかコイも少ない気がする。


その後はトールP2で1バイトのみに終わった。
もう薄明るくなってきたしバスのコンディションもいい話題の本湖に移動しよ〜。


前回釣れた黒ゴロタらしき場所に到着。もう明るくなってきた。
ここでHi-FinとかはBOXから撤収。(夜はずっとやってました(笑。)


ガンディーニで勝負。目ぼしい所をラン&ガンだ〜〜。

すると・・・・

ボシュ!ポシュ!バコッ!ポチャン!ゴボッ!



水門・ヘチ・ゴロタなど出るわ出るわ。明らかに横よりはいい出方だ。反応があると楽しいね。



ところが問題点がある。こんなにバイトがあって1度たりとも乗らなかったのだ。
理由は…バスが小さかったのだろう。あの出方はギルではないし。
ガンディーニはダブルフック仕様なので次回はトレブルフックにでも替えるか。小バスでも乗せなきゃつまんないからね。


さて暑くなってきた。もう限界だ。やってらんねえ〜〜。撤収タイムだ。


視線を落としてズボンを見れば虫だらけ・・・ゲゲゲ〜〜。くもの巣ヤバくね。
今度はズボンの替えでも持ってこよ〜。


23:41
1匹目 38cm バニー54  テキサスにも挑戦。数投で飽きたけど(笑)

そして車に帰る時に気がついた。下から何かが臭う。さっきから我慢はしてたがオラ漏らしてないぞ!
てことは… 靴の裏を見た。

ヒィィィィィィィィィ〜〜〜〜!!!!

ヒサシさんと同じウン命を辿る男がここにも。本湖おそるべし!

当日、土手の草むらでツイストを踊っていた変なヤツは私です。


釣果  トール-4匹 

バニー54-3匹 XJ-100−1匹



   2008年の釣行記へ  TOPへ


inserted by FC2 system