10/4〜5 水郷 

釣行前日、仕事からの帰りにnnn男爵に借りたDVDのお礼と探りの電話を入れた。


n「釣れてますよ 利根川もいいです」
ト「マジすか?♪ こっちは今夜から逝きますよ。 じゃあもう1泊して明日一緒に釣りしましょうよ」
n「え?ハハハ…無理っす」

冗談だと思ったらしい。(笑) 
でもいい情報を仕入れた。利根川がいいのか。

今年はまだ利根でいい釣りをしていないし。今日こそチャンス。


その男爵は平日休みを利用して新水路探しをしていたとな。ゼッテェ〜〜DVDの影響だろう。そういう内容だった。
かく言うトールもやってみるつもり。(←単純なので影響されやすい性格) 


とりあえずは利根川でとことん勝負してからの話だ。
この時期の利根川は……水が良ければHi-Finで出そう。ここ数年の経験から確信ありです。
よしっ決めた。釣れるまでHi-Fin1本勝負で逝こう。前回のレポでも予告しちゃっしたな。


23時、利根到着。といっても横利根のほうね。
まだ焦ることはないのだ。べストタイムはまだまだですから。それまでは横でテキトーに出すという余裕の戦略だ。

結果を求めて実績ルアーで探ると・・・

で。出ましぇ〜ん……いつもなら1撃のピンポイントも沈黙の艦隊ですた。。。こりゃマズイな。移動だ。

出鼻をくじかれ向かった先は…早くも利根川(笑)  
東公園前に到着。


車を降りると吐く息が白いし空気がひんやりと冷たいっす。秋だな〜。季節の進行を感じた瞬間だった。
夜露で足元が濡れるのを嫌って長靴を履いてレッツラGO!。


おっ、邪魔だった土手の草が刈り取られているじゃない。。。歩きやすくなっている。
でもどうせなら護岸の草も刈り取って欲しいねえ。

今年は増水が多かったせいで種がたくさん漂着してしまったのだろう、護岸上の雑草は私の知る限り過去最強。かな〜りウザイっす。蜘蛛の巣とかもマジでめんどくさいし。



岸まで降りて川をチェック。水位は上から2個とチョイ多め・無風なので水面は静穏だ。
この雰囲気はまちがいなくHi-Finの出番です。


さあ、着水音はなるべく抑えめにすることに注意して戦闘開始。

チャポン!  カポッ! で、出るね♪。 いきなりの連続2バイトだが小バスっぽいアタリだった。

でも狙ってるのはコイツら(アイツ達でしたっけ?)ではない。





気を取り直して歩を進めていく・・・

ボシュ!!!   ボシュ!!!  出たあ〜〜!







2:10 2:36
1匹目 39cm Hi-Fin改 2匹目 42cm Hi-Fin改


ホントはもう1サイズ上を狙っているのだがこれでも嬉しいっす。Hi-Finで釣れると1匹の満足感が違うね♪



調子に乗ってさらに難易度の高い所にキャスト。




ボシュ!ドバババ…!!!
 

すんげえ〜〜出方♪  ヒゲじゃなければコイツはデカい。

しかし、困った事に倒木の向こうへミラクルキャストしてのまさかのヒットだった。やばいぞ、巻かれそう。
パワーにモノをいわせて強引寄せで乗り越えるしかない! おりゃあああ〜〜。




あひゃっ…

バ、バレますた〜(泣)。 しゃあないっす。トホホ。




ひと通り撃ったし、帰りは違うルアーでもやろう。
ブログネタにもしたダイイングフラッター改を投入することに。期待したこのルアーだったが、さっき横利根でスイムテストをしたところ欠陥が判明。
まるで沈没船のようにズブズブと…。浮力が足らないのね。

そこで鈴からまん棒は撤去。黒塗りラトルインのみで使用してみることにした。これじゃあ男爵フラッターと変わらない。

その時だった。
ふわ〜っと立ち込めた霧が向こう岸からこっちに押し寄せてきた。さぶい!

そして風が水面にさざ波を作って……


ボシュ! ボシュ!


これぞ時合い。 レギュラーが連続ヒット。
いい条件になったな。よ〜し、もっと釣ってやるぜ。



ガスン!

よっしゃ!着水ヒット!!  ん????こ、これは…とてつもなく重い。





それはコンクリ杭。ヒィィィィィィ〜〜〜〜!!


竿をしゃくる、しゃくる、しゃくる・・・何度やっても取れましぇーーーん(泣)
せっかく釣れてるルアーをみすみす切るわけにはいか〜〜ん。


で、、、、




やっぱり入りました。利根温泉♪ ひんやりして冷たかった〜〜♪ これで水温チェックもオッケ〜〜と。 おいっ!!(ノリツッコミです)


3本目まで杭を伝って行きましたよ。あ〜チキショ。
濡れた足をタオルで拭いてふと顔をあげて異変に気が付いた。

ガビ〜〜〜ン。(死語) 風が止んでます。 オワタ。。。。




しかも水が大分落ちました。下から1枚ってとこ。やめよ〜っと。


車に戻るとすれ違いにバサーがワラワラと出撃準備を始めている。あの時間から入っても釣れない気がするが…

3:35 3:41
3匹目 30cm ダイイングフラッター改 4匹目 33cm ダイイングフラッター改 ヒィィィィィ〜〜〜〜〜! 入浴ダァ〜

中略。(笑)

その後は超ロングくたばりタイムです。起きたのは13時。


ふう〜〜寝たぜ。
寝る前はどうしようか?帰ろうか?と迷ったが睡眠で完全復活だ。


昼の戦略は・・・確か水路探しだっけか???

そういえば、利根川の後で寝ぼけながら行ったような…水路でテキサスをした記憶が…

そうか!2秒で飽きたんだった。(笑) ヒィィィィ〜〜〜



そして導き出した戦略は…・・・
トップです。


ありえね〜〜と思われるかもしれませんが実は勝算があります。

前回、ガンディーニで出した3匹はいずれも昼にヒットさせたバス。
そこに重要なヒントがあると確信した。裏づけのために昼横にGO。


なんの変哲もない横利根護岸。
使用するルアーは…三平で〜〜す(そういや見ないな…) そう、自ら選んだ茨の道…極悪ミッション「竜魚」。



何だろ?この触覚みたいな角。カッコ悪っ。
男爵の言うようにコイツも動きは悪い。ただ巻きだとちゃんと泳がないんですよ。
唯一の救いはチョンチョンとやればテーブルターンのように首を振る。釣れるとしたらこのアクションしかない。


対岸にはスピニングのバサーが数人。普通ならそうなんだろうけど狙い所もなく闇雲にライトリグを撃つよりこっちの方が効率がいいはず。


行くぜ!!竜魚!チャッチャッチャ…


ボシュ!


どうだい!狙い通り。  
やったぜ〜〜!  と思ったら痛恨のバラシ。。。


Hi-Finで釣れたのより興奮した瞬間だった…いよいよ変態だな…(ボソッ)


でも出る。読みは間違ってなかった。
西新井でスローに探る。


ボシュ!




今度は逃すまい。無事レギュラーをゲット。何よりも13時半という時間に釣れた事に価値がある。

そしてさらにボシュっと1匹出るも乗らなかった。
十分に昼でも釣れるね♪
たったの1キャッチだが昼トップでの1匹は次回に繋がる1匹だったな。うむ、満足♪


13:30
逝くぜ!三平ルアー
5匹目 37cm 西新井くん改




夕方。
再び東公園。


これは完全にハズレだった。バニー54で1バラシのみ。
改めて思った。利根は気まぐれだと…新テトラにでも行くべきだったか…

バラシ以外では野●ソした事くらいしかネタはなかったなあ。


nnn男爵殿、トップは参考になりますなどと振られるとホントに参考になるようなヒントを書かねばなりませんよ。
でもHi-finなんかはあまり真似したがる人はいないと思いますが。
肝心な所は伏せてあるのは我ながら腹黒いです。お聞きになりたい方はフィールドで遠慮なく声をかけてくださいね。。

Dフラッターは見事に釣れルアーに再生しました。1軍入り決定。
Hi-finも西新井も今や鈴つきです。鈴はマイブームです。釣れます。

今日の釣果  トール-5匹 

Hi-Fin改-2匹 ダイイングフラッター改-2匹 西新井くん改-1匹



   2008年の釣行記へ  TOPへ


inserted by FC2 system