8/17 秋田某野池 プチ釣行

お盆を仕事で費やしたおかげで世間の人々とは1週間ほど遅れての帰省。おれは毎年こういう日程を組んでいるが渋滞にまきこまれないのでラクチンなのである。

高速で約6時間半。なが〜い道のりを経てようやく秋田県に入る。国道沿いの休憩エリアには秋田名物ババヘラが。ん〜これを見ると帰ってきたって気がするんだよね。

※ババヘラ・・・・・・周りにな〜んもない国道沿いでポツ〜ンとたった一人アイスを売るおばさん。買うとその場でコーンに金属製のヘラでアイスを盛り付けてくれる。その場で食べるとおかわりまでサービスしてくれることも度々。おばさんたちは早朝に次々に国道沿いの販売ポイントに落っことされたら最後、再び迎えにきてもらう夕方までほったらかしという恐ろしい待遇なのだ。何故か秋田にしかいないんですよね。

2年前に帰省したとき野池によく行ったものだ。人里離れた山ン中に佇むその野池はバサーはおろか人が訪れることもほとんどない。おまけに2年前は熊が出たという。たぶん今はもう大丈夫だろうが不安は拭い去れない。実家に帰るまえにちょっと寄ってみたくなったが1人では心細い。そこで遊び仲間の友人S氏を誘い2人で30分だけという約束で行ってみた。

野池へのアクセスは砂利道の急な登り坂。以前よりもさらに悪路になっている気さえした。途中からは「工事中関係者以外立ち入り禁止」の看板が。となれば、ますます人気がなくなっているはず。そこは一応公園になっているのだが長い間手付かずになっていて整備された形跡がない。これはやはり1人だと気味が悪い。S氏を連れてきたのは正解だったようだ。

ところが幸いなことに池に下りると雰囲気は前のままだった。ほぼクリアな水質に静かな水面。
とりあえず1投目で釣ってやろうぞ。バイブラシャフトを結びゆっくり引いてくるとコバッチィ君が4匹ほどルアーの後ろをついてきた。これも前のままだったりして(笑)しかしついてくるだけでゼンゼン食わない。 ここのバスはハードではスピナー以外食わないのが前からの特徴だった。S氏の棒ワッキーにはあっという間に2匹。トールはしかたなく棒ポッパーでセコく1匹を出す。

  
1匹目 24cm 棒ポッパー                 こんな池です                       S氏もゲット

相変わらずハードルアーには反応がない野池。ココってバス以外の魚見たことないんだよね〜。魚がいないとなると昆虫とか小動物を餌にしているのだろう。釣れるけどアベレージが20cmほどと前と変わってないんだよな〜。



今日の釣果 トール-1匹 S氏-2匹

実釣ルアー

  
  棒ワッキ−1匹


   2003年の釣り日記へ  TOPへ


inserted by FC2 system