8/18 八郎潟

昨日の長旅の疲れから早起き出来ず、午後からの出撃となった。
1時間余り車を走らすとそこは爆釣パラダイス八郎潟。どこから手をつけようか悩む。まずは近場からということで一番南側に位置する爆釣水路の様子でも見てみよう。

むむっ!水路に先行者あり。しかも大宮ナンバーかい。遠征してる人ってけっこういるんですね〜。状況を伺うとあまり釣れないらしい。先日釣行したカツもダメだったとのこと。リリース禁止の影響があるのだろうか?それとも台風の影響か?嫌な予感がする。

水路はあきらめて本湖のゴロタ地帯にパイロットルアーとしてスーパースポットを投げまくる。このゴロタでは去年何を投げても釣れたものだ。もちろん今日のバッグの中身は日の目を見ない2軍ルアーをたくさん連れてきている。1匹釣ったらお役御免となり選手交代となる予定だ。開始早々から、そこらじゅうでアタリがあるはず・・・だが反応はまるでない。

次にハーフスピンに替え、昔のアレックス(清水)の髪型みたいなウィード際を引いてみる。ここも高確率でヒットしたところだ。が、1度もアタリがない。

今度は豊川の河口付近に移動してゴロタを流してみる。いろいろなルアーを投げたがアレックスの髪の毛(爆)がルアーにくっついてきてやりにくい。結局スピナーベイトが一番使い勝手がいいのであった。無駄なローテーションは止めにしてとりあえず1匹目はハーフスピンで獲ることに覚悟を決める。

と、ゴゴ〜〜ン!。ものすごいゴツイアタリだ。「こ、こりゃ〜いきなり40UPでね〜が?」(訛る) 
確かに40UPだった。それどころか60cmはあろうかという大物・・・・のライギョ君。外道だがいい引きだったぞ。 過去の経験からも八郎潟で1日スピナベを投げまくると1匹くらいはライギョ君が釣れるのだ。でもまさか1匹目から釣れるとはね〜。しかしあとが続かずこれ1匹っきり。カツの情報どおりシャローにバスの魚影がない。

   
バサーの姿はない                       1匹目はライギョ君:いい引きだった

爆釣パラダイスは一体どこへ行ってしまったのか?

このまま同じようなゴロタを攻めても良い結果は出そうにない。もうこの場所はパラダイスだという考えは捨てよう。本気モードで釣ってやらねば「ボーズ」の可能性だってありうる。ならば水郷ばりのシブ〜い釣りをしようぞ。大潟大橋近くの漁港へ移動。ココには護岸がある。もうお分かりでしょう。棒ワッキーをしに来たのだ。八郎潟まできて「浦〜和レッズかよ!」ちょっと恥ずかしい戦法だな。スピニングは使う予定がなかったのだが・・・

ハチロ〜でこんなのやる奴なんかいね〜よな。などと思いながら1投目。あらら、簡単にコバッちぃのが釣れちゃった。続けて2匹目。すこ〜しばかしサイズアップだがいくらなんでも小さすぎやしない?これなら昨日の熊がでる野池のほうが良いんじゃないの?

  
1匹目 21cm 棒ワッキー 「小さ・・・」           2匹目 24cm 棒ワッキー             3匹目 21cm エバグリスピナベ  

とりあえず釣れたことは釣れた。しかしこれにはさすがに失望。今度は延々と続くゴロタ地帯にライギョ?狙いにハーフスピンを投げまくる。またもコバッチィ君1匹がヒット。こんなのしかいないんかい!辺りを見ると護岸の上には釣って捨てられたと見られるバスの死骸が転がっていて異臭を放っている。これがリリース禁止の効果!?釣って捨てる気ならはじめから釣らなきゃいいと思うのだが。

夕マズメのベストタイム。シャローに上がってきているバスを狙いにハーフスピンを投げまくる。
ゴゴーン!ようやく重量感のあるアタリ。またライギョじゃないだろうな・・・心配だったが最後の最後でレギュラーサイズをゲット。

 
4匹目 35cm ハーフスピン                困ったらやはりテクトロに限る

去年までのパラダイスぶりはどこへ行ったのか?前はあんなに釣れたシャローにいない。となれば沖まで届くようにテキサスとかヘビキャロとか・・・やったことないや。どうしよう(オロオロ)

今日の釣果 トール-4匹 

実釣ルアー

   
   棒ワッキ−2匹            ハーフスピン-1匹          拾ったエバグリのスピナベ-1匹 


  2003年の釣り日記へ  TOPへ


inserted by FC2 system