9/7 水郷 

近頃、単独釣行ばかりだったのですっかりチームということを忘れていた。今回はチームらしく4人での釣行となる。カツ・久しぶりのトネさん・そして新入りのレレと4時に集合。のはずだった。
行ってみるとトネさんしかいない。相変わらずまとまりがないなあ。
新入りからは「今起きました〜」と連絡が。カツに至っては何度電話しても出ない。ということは起きないのだろう。
しょうがないのでカツは置いていくことにして3人となってしまった。

朝イチはいつものように常総大橋から。着いて車を降りると北東風が強く寒いくらい。水面は荒れ気味でトップは無理っぽい。このような状態だと投げられるルアーが限られてしまいイマイチ。朝イチにジッターバグやダイイングフラッターなど投げたかったのに。
ふたを開けてみればトップはおろか、スーパースポットやクランクでもアタリがない。2人に聞いてもまるで反応がないご様子で移動を決意。

この風向きだと得意のバイブレポイントや牛ポイントはモロに影響を受けてしまい釣りにならないだろう。そこで最近の印象はよくないが釣りやすいであろう公園前を選択した。

公園前に降り立つと予想通り水面はおだやかで釣りやすそう。いつも以上に混雑していたけど。誰の考えも同じなのであろう。トールは人嫌いだがひるんではいられない。何せこの強風ではポイントが限られるのでね。

1つ目の杭を攻めてまもなくトネさんにヒット!スピナベであっさりゲットされてしまった。利根川が苦手なトネさん、釣ったのを見たのは初めて?かも。

新入り「レレ」で〜す 根がかりだよ! 杭際で食ってきたぞ

先行者の多い付近は適当にスーパースポットで流してはるか遠くの気になるエリアをめざす。と業務連絡が。新入りのレレがバイブレーションで釣ったとのこと。ということはオレだけ釣れてないのか!?早いトコ釣らねば精神的にもよくない。となると今や絶大な信頼のおける棒ポッパーをリグってしまうのであった。

岸近くに捨て石が積んであるエリア。その向こうは急に落ち込んでいるのだがその際があやしいと前から思っていた。クランクやバイブレーションでタイトに攻めると根がかり率が高い。さっそく投入。ワンアクション後にポッパーが沈んでいく。期待通り、っていうかこりゃ〜うま過ぎ!?素人読みが当たった。

1匹釣れると余裕が出るものだ。スーパースポットに結びなおして仕切り直し。すると今度は杭の中からコバッチィ君が釣れてきた。
しかし後が続かなくなり再び棒ポッパーをリグって威力を試すことに。

1匹目 28cm 棒ポッパー(棒) 2匹目 26cm スーパースポット

杭際、テトラ際、などストラクチャーを重点的に攻めた結果、出るは出るは。棒のほうで。
これでも本命はポッパーなんすけどね〜σ(^_^;)アセアセ...
しかし何匹釣ってもコバッチいのばかりが釣れてくる。30cm以上のはどこへ行ったんでしょうかね?

帰り道、気になる沈みテトラにキャストすると「ボシュッ」と棒ではなくトップに反応。これには全く油断していた為にアワセそこなった。気をとりなおしておなじトコへキャストし直すと着水ヒット!引きのないコバッチィ君だったがやる気のあるバスだった。

3匹目 28cm 棒ポッパー(棒) 4匹目 26cm 棒ポッパー(棒) 5匹目 26cm 棒ポッパー(棒)
写真を撮ろうとした瞬間、ポロッと手から落ちてしまい画像なし
6匹目 27cm 棒ポッパー(棒) 7匹目 28cm 棒ポッパー(POP-R)

これだけ釣ればさすがに釣り負けてはいないだろう。レレに自慢電話を入れる。
2人とも最初の1匹だけでその後は続かずあきらめて車に戻ったという。やはり苦手意識があるようだ。まだまだやれば釣れそうなんだがな〜。後ろ髪を引かれる思いで撤収。
とりあえずこれでトールのリクエストは終了して満足。あとは好きなところへ行ってくれ〜い。

次はトネさんのリクエスト、お気に入りの学校前に移動。

 その2へ続く


 その2へ  2003年の釣り日記へ  TOPへ


inserted by FC2 system