10/14 水郷 


ど〜も、サボリマシーンです。(藁)




夕マヅメの津宮。
もう日が暮れようとする時刻に到着。


夜利根を探る前に台風からの回復具合をこの目で見ておく必要がある。
津宮・・・ココにくれば水質がわかりやすいんですよ。
上から沈みテトラの見え加減や流れなんかも判断できる。


で、結論は・・・まだ途上っす。(´・д・`)ボソッ
台風上陸からそれほど日が経ってない割にはいいのかもしれないが。現時点ではまだ本腰を入れるまではないですな。


ってなわけで早めに見切って横利根にGO。

この頃には日がとっぷりと暮れて夜戦に。


効率よく1本を獲りに実績エリアだけを爆撃開始。
が、ノーバイト。
小移動してこれまた実績エリアを攻めるが全くの沈黙の艦隊だす。


横利根も以前釣れたポイントだけではだめになってきたな・・・




こうなれば釣れない時には2秒で集合する例のポイント、某牛にGOしかあるまい。
今回は行かないつもりだったが・・・意志が弱いったら。もう〜!



さっそく信頼のミニバドを・・・いや待てよ。つまらなす。
んじゃデカダンスで・・・それもイマイチ感動がないな・・・

あ、そうそう、ちょっとやりたいルアーを用意してあったんだ。

「アイロニー」

家でルアーを整理していてふと目に留まった。
この独特のサウンド。ペンシルのくせにうるさいルアーだ。これなら夜でもアリじゃないかと。


カチャ〜ンカチャ〜ン!

うむ、すごくいい音がする。今にも水面を割りそうな雰囲気。

が、 ヒィィィィ〜〜〜全然出ません。(´・ω・`)


スレきった牛バス達に猛アピールしているはずなんだが・・・。何か違うのかな?




う〜む、これだけ釣れないのならセコにローテしてもやる気がおきない。

ここは集中力を高めるために好きなルアーで攻めよう。

Hi-Fin登場。

牛では釣れたことがないが・・・1本勝負でローテ禁止。



延々と全部流してやろう。



すると・・・






ボシュ!ボシュ!コポ!バシュ!ボシュ!ドバ〜ン!ボシュ!ぼしゅ!

キタ━━━━(*゚∀゚*)━━━━!!


結果・・・・8バイト2フィッシュ     

おまけの1ヒゲ   ドョォ――(´・д・`)――ン

1匹目 38cm Hi−Finクリーパー
2匹目 35cm Hi−Finクリーパー

デカで狙い通りに出た。う〜ん満足。

ん?仕方なくローテしたんじゃないかって?確かに始めはそうだった。

1バイトをもらって大ヒントを得たんです。それは全くの誤爆だったんですがね。


その後は全てフックに触るかフッキングまで至るバイトばかりに・・・
出方も牛特有のショボバイトではなくしっかりとしたバイト。

バラしたヤツも間違いなく40UPだった。



こ、これは・・・ヤバクネ? ( ̄ー ̄)ニヤリ  何かを掴んだ気がする。

とはいえ、さらなる検証はしなければいけない・・・今回だけってことも十分に考えられるからね。



とりあえずアクションは斬新だ。新メソッド3ということにしておこう。



「デカでボシュ!


うむ、今回のクライマックスはこれに尽きる。
鬼集中で出した渾身のバス。サイズはともかくとしてうれしいっす。

改めて思ったが自分の釣りはやっぱりこれだな。




その後のヘタッピな釣りはスルーしてみなかった事にしてください。

3匹目 20UP テナガホッグ 4匹目 20UP  テナガホッグ 


神水路でショボバスを2ポム。

水路を巡り巡ってたったのこれだけ。

う〜ん情けないな。

5匹目  40cm  テナガホッグ 6匹目  20UP  テナガホッグ  

新利根で2ポム。


nnn男爵殿を見習って(正しくはコータロー君を見習った人を見習って)新利根開拓の旅に出ました。
結果はこれだけっす。


久しぶりに訪れた新利根。水ヒマワリってんですか?あのモジャ。
噂には聞いてましたが実際に見てビックリ。いつの間にあんなに増えちゃったんだろ?


カバー狙いでイケるかと安易に思っていたんですがあれだけ全面モジャ地帯では逆に絞れないんですが・・・
一応やりましたがすぐに飽きますたヨ。


で、釣れたのはこんなとこ。モジャとか全くカンケーなし。誰もが攻めそうなフツ〜のポイントです。

超暴れバスの40cmはココで 矢板と平行にズル引きで



今日の釣果  6匹


Hi−Fin クリーパー   2匹 テナガホッグ(テキサス)  4匹






   2009年の釣行記へ  TOPへ


inserted by FC2 system