10/21 水郷 

10月に入り仕事疲れがひどく釣行回数が減ってしまった。シーズンはもうすぐ終わりに近づいているというのに。回復の為、2週ほど日曜は静養したのだがなぜか疲れは溜まる一方。やっぱこうなりゃ気力の問題か・・・行くしかあるまい。バサーの少ない平日ならいい釣りが出来るかもしれんし。

というわけで早寝をし出発予定の4時に目を覚ます。
しかし、目を覚ましたはいいが体がいう事を聞かない。もう少し寝ようか?それともいっそのこと釣りはやめて昼まで寝るってのも♪
い、いや!それではいかん。せっかくの休みなんだし無駄に過ごすわけにはいかない。甘い誘惑に負けるとこだった。布団の中での葛藤に打ち勝ちちょい遅めの5時に出発。

最近の釣果から今日も大釣りは期待できないので3匹くらいを目標に設定。

手始めに長豊橋・常総大橋と攻めるがライズも少なくぜんぜん魚の気配がない。1回のアタリもなく早めに見切り、最近印象のいい牛ポイントに移動を決意。不調の利根川でもあそこなら何らかの反応が期待できる。途中、以前から気になっていたテトラ帯を偵察。なるほどこれならバスは居そうな雰囲気だ。アタリがなかったけどね。

牛ポイントに到着するとかなりの減水。これではテトラの中は浅すぎて釣りにならなそう。水が綺麗なこともあるが底が丸見え状態。水深のあるエリアに狙いを絞り護岸沿いを歩くと岸近くの激浅テトラから見えバス君が泳いでいくのを確認。居るのがわかればやる気が起きるというもの。
さっそくハーフスピンをセットしテトラ乱れうち。続いて切り札の棒ポッパーも乱れうちだ〜。しかしこれだけやってるのにまるでダメ。

先行者はいないがバスもいない いかにも居そうなのだが 浅すぎる

水が少なくても水深のある沖目のストラクチャーにはゼッタイ着いてそうなんだけどな〜。釣れない時は普通のことをやっていてもダメだろう。ここは勝負手を繰り出してみる必要がある。よ〜く周りを見渡すとなんとか行けそうなテトラを発見。そして普段ならありえないに角度にキャスト。さっそく答えは出た。
「ググッ〜〜!」 
テトラに巻かれそうなほど元気なバスだ。これぞ狙い通りの1匹。やれることはなんでもやってみるものだと思ったよ。

他にも行けないかと探したがテトラの間隔が広いところがほとんどで難しい。1匹だけだったが減水時には有効な作戦だろう。

1匹目 34cm ハーフスピン ちょっと危ないが行けた

とりあえず1匹でひと安心。大利根東公園前に移動。
風が当たってないせいか水は澄んでいてきれい。ただ減水の為、岸際では釣れる気がしない。ハーフスピン・クランク・スーパースポットで様子をみたがやはり沈黙。これでは集中も切れて気分転換したくなる。久々にバイブレーションポイントでも行ってみよう。そういえば最近は北東風の場合が多いので行ってなかったな。一時期は行けば釣れていた印象があるのだ。

 その2へ続く


 その2へ  2003年の釣り日記へ  TOPへ


inserted by FC2 system